読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

The Bucket List of My Life

 

ストロボエッジで仁菜子が

「夏と秋のにおいが半分になった!」

って言ったのと同じく

ほんと歩いていて唐突に気づいた。

 

風が春だった。

 

もうね、北風じゃなかったの!

暖かい風だったの!

昨日はそれが嬉しかった。

こよみちゃんは正しい。

 

 

昨日は夜中3時までポーカー。

楽しすぎた。

ミリオネアーどころじゃない金持ちに成りあがったぜ。

金は人を変える。

これ大富豪のときからずっと言ってる(笑)

 

とかいいつつ今週末やばい。

泣きたいくらいやることある。

でもそんなときに限ってブログ更新したり、掃除したり(昨日した)bakingしたり(昨日した。ブルーベリーチーズケーキ好評でよかった)したくなっちゃう。

 

that's why I am here writing a blog on my bed fighting against temptation to sleep again.

 

 

今後の人生においてやりたいこと挙げます。

 

・世界遺産に100こ行く

これは人生の目標でもある。

今のところ

京都奈良日光白川郷富士山厳島神社原爆ドーム Segovia El Escorial Avila Toledo Salamanca Ayutthaya Yosemite The Statue of Liberty 

ってことで15 sites? 

イタリアが1番世界遺産ある国で、訪れてみたい場所たっくさんあって、イタリア一周世界遺産巡りの旅をしたい。する。

メキシコにも行きたい世界遺産多いからメキシコ一周世界遺産巡りもしたいんだけど、あまり交通の便がよくないのと、広いので、ピンポイントではもちろん行くけど、一周するのはイタリアで。

 

・世界遺産検定1級をとる

これまた世界遺産関連。

今2級保持してるので、いつか1級。

世界遺産毎年登録数増えていくから絶対にはやくとった方がいいんだけど、1000以上のサイトを覚えるのなかなかに苦戦しておりまして。

ちなみに1級の上にはマイスターっていう資格があって、それはマークシートじゃなくて筆記スタイル。ほんと資格ってより称号ってかんじ。かっこいい。

試験会場の年齢層すごく広くて、年配の人も割といたから、生涯の趣味になるといいな。

 

・El Camino de Santiagoを歩く

スペインの北の方に、El Camino de Santiagoという巡礼の道があります。

その道がSantiago de Compostelaという町およびcathedralに続いていて、そこまで巡礼者たちは荷物を抱え、木の杖をついて、パスポートのような各所でスタンプを押してもらう冊子を持ち、巡礼者の証であるホタテをつけ、何週間もかけて歩いたり自転車をつかったりして向かう。

朝から晩まで歩いてるわけだからつらいだろうけど

巡礼者の人たちみんなフレンドリーにお話したり声をかけあったりそこでの交流だけで、人生の大切なことに気づかされそう。

各所に町もあって、その地元の名物を味わったり街並みを見たりも楽しそう。基本巡礼の道は何も周りにないとこなので。

The Way(星の旅人たち)という映画を高校生のときに見て、映画館で大号泣した。息子をこの道で亡くしたお父さんが息子の代わりに歩き続ける話。

私の話なんてグダグダ聞かずにこの映画を興味のある人は見てほしい。私もまた見る。

 

・カタラン語を学ぶ

そしてまたスペインのおはなし。

勉強系のことはここに書かないつもりだったけど、あくまで趣味として。

バルセロナに行く前に。

バルセロナを中心としたカタルーニャ地方ではスペイン語に加え、というかそれより場所によってはメインにカタラン語が使われています。

スペイン語と似ているけど、フレンチの影響だったりいろんな要素がミックスされて、けっこう独特とか言われてたり。

カタルーニャ地方では今でも独立に向けての運動をしていて(pros and consが多くありすぎてどっちがいいとは言えないけれど)私個人としてはカタルーニャも含めてのスペインだから一緒にいてほしいなあ。と。去年これについてエッセイ書いたから今度語る。

ほら、サッカーでもバルサとレアルマドリードめっちゃライバル視してるじゃない。それ。どちらも地元愛が強くて、誇りに思ってる。

だから私も礼儀というかバルセロナに行く際はカタラン語でコミュニケーションとりたいなってかなり思ってます。

外国人がいきなり関西弁とか沖縄弁話すようなもんかな。

びびるね(笑)

楽しみ。がんばる。

 

・両親とサンフランシスコに行く

行くというか来てもらって、一緒に旅行する。

これはかなえたいリストかなり上位。

大好きな町であるサンフランシスコは親のprobablyハネムーンのdestinationだったので、そんな場所を今、親と歩きたい。

おいしいものもたくさん教えてあげる。

絶対あそこのガーリックフライ好き。

まずは両親共の切れたパスポートの更新から始まるね。

あとはママの飛行機恐怖心克服。

 

・ワーホリをする

場所は模索中。

オーストラリアでもしたいし、ヨーロッパもいいし、というかSpanish-speaking countryあれば決定なんだけどないからな。

親日のスペイン語圏の国どちらか私を受け入れてください。

まあワーホリじゃなくてもいいじゃんって言われたらそれに反論できるものはまだないし、というか正直まだまだ情報不足。

でもワーホリビザを有意義に使って現地での仕事も旅行も生活も楽しみたい。甘く聞こえちゃうかな。

でも日本で20年間育って、今こうしてアメリカに住んで、また違う国に、旅行者としてではなく、住人としての目線で暮らして、違いや新たな発見を見つけたいなと思っています。

アメリカを比べる対象のすべてにしたくない。

 

・海外ホテルでインターン

アメリカで、もしくはその他の国(ビジネス客が多い高級ホテルというより、ファミリー層が多いリゾートとかそっち系。まだ国へのこだわりは見つけてない)で、ホテルでインターン。

マリオットなんかは海外インターンしたinternationalに対して、母国での優先採用みたいのがあるらしく、そういうのとても魅力的。

多分毎日落ち込んで帰るくらいつらいかもしえないし、自分の力不足感じるだろうけど、でも言葉はなんだろうと笑顔でゲストを迎えて、コミュニケーションとって、満足して帰って、そしてまた戻ってきてもらいたい。

だからの今。

ただfancyなホテル見て、わーいいなーきれいだなーって思うのは誰でもそうなんだから、もっと私だけの、もっとしっかりした、もっと強い、ここで働きたい、っていう目標を作らなければ。毎日実感してる。

 

目標を作る。

夢じゃなくて目標。

 

・結婚をする

last but not least

オチに使ってるわけじゃないよ(笑)

でも私だって女子。いつかは結婚したい。

子供と型抜きクッキーを焼く。

リアルアンパンマンパンを焼く。

おうちはアメリカみたいな。

リビングとダイニングと別にくつろぎスペースみたいな部屋があるの。庭ももちろんある。庭でバーベキューして近所の洗濯物に臭いつけて苦情くるやつ。バーベキューは河原あたりに遊びにいったときにしようね。

 

 

 

 

まってあとね

まだまだたくさんあるはずなの。

ここ行きたいとか

これ欲しいとか

これ食べたいとか。

挑戦したいこととかね

あるけど思い出せない。

なのでまた溜まったら書きます。

 

よし、では。