Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

Don't take advantage of love!

 

Don't take advantage of love. 

好きでいてもらっていることに甘えないこと。

 

Loveって言うと恋愛関係を思い浮かべがちだけど、

それだけじゃない。

 

家族愛も、友情も。

 

最近、甘えすぎだなって実感した。

特に親。

 

私が一人暮らしをしたい理由は、実家にいると親に甘えすぎてしまうから。料理も洗濯も掃除も、何もかも任せっぱなし。最低ですね。

 

「私やるよ」って言えて、いや、口に出せなかったとしても、やればいいんですけどね、なぜかできない。完全に甘え。あと変な恥ずかしさ。ちなみに私、人の目を見て話せないという直さなければならない部分があるのですが、親の目すら見れません。気まずい。ごめんね。

 

今調べたら正視恐怖症って言うんだね。いつからってずっと前から。「目合わせるの苦手でしょ」とか言われて、からかわれて覗き込まれたりするの本当に嫌です。ますます意識して見れなくなります。接客では割り切るから見れるけど、友達同士とかもほんとは苦手です。だから、じっと目を見て話を聞いている人とかいると、いいなあその能力欲しいなあって思います。ちなみに聞いているときよりも、話しているときの方が、どこを見ていいかわかりません。

 

anyway

日本に帰ってきて20日?だか経ちました。

前回冬休みに帰国した際は、帰国した翌日に元バイト先に連絡して(事前に話はしてもらっていた)帰国後3日後には働いてました。とにかく早く働きたくて!稼ぎたくて!

 

でも最近は、なんだろうね。就活しなきゃいけないのに、10月には働き始めていたいと計画していたのに、今日やっとスーツ買いに行って、証明写真撮ってきた。ずっと先延ばししてた。なぜならスーツが着たくなかったから。買った今でも非常に着たくない。

 

3万あったら、ハーゲンダッツ100個食べられるし、ランチ30回は行けるし、ライブだって3回は行けるし、沖縄旅行行けるし、、、って考えまくった。

いや、3万捨てたわけではないんですよ、この素敵なスーツに変わりました。が。が。が。全然楽しくなーい!以前塾講してたときに毎日のように着てたから新鮮味ないし。

 

背低いのもこういうときとても嫌。全然かっこよく見えない。プロフェッショナルとして戦ううえで、背低いと下に見られそうな気がして、とっても嫌。

 

スーツはAOKIのお姉さんに全部決めてもらった。投げやり。お店の滞在時間、試着含めて10分くらいだったわ。はい、おっけーって。

 

そのあとカメラのキタムラに行って、証明写真撮ってもらった。ここでもおじさんに言われるままに、プレミアムだの背景だの。何枚か撮ってもらったけど何がいいんだかわからないから、自分の顔すらおじさんに決めてもらった。

 

やる気がないわけではない、ある。こだわりは、ないかも。

 

というか、その前にTULLY'Sでずっと面接のこと考えたり、本読んでたりして頭使いすぎた。胃も痛かった。だから思考力がなかった。買い物するのに最も向いていないモメント。

 

おいしかった。パンプキンティースワークル。

 

あ、でもオペラのリップ買った。流行りのやつ。乗ってやった。違いはまだわからない。

 

20時前に帰宅したら家に誰もいなかった。

でも私の部屋のドアノブにアメリカンドッグがぶら下がっていた。

お母さんが仕事からお昼に帰ってきていたらしい。

と、とりあえず雨戸を閉めていたらお母さんが帰ってきた。

 

家にいるであろう私にアメリカンドッグを買ってきてくれたこと。帰ってきたらいなかったこと。

 

ちなみに昨日はお母さんと朝しか会っていない。体調が悪くかったのと機嫌が悪かったので、部屋に引きこもっていたから。様子を見に来たお母さんは「せっかくお仕事頑張って帰ってきたのに」と言っていた。私はそれでも布団から出なかった。

 

誰だよ、おまえ。

 

はーあ、まったく、親不孝者。

 

両親共に、私が家にいることを喜んでくれる。ずっといなかったからね。だから早く働けとか、あーしろこーしろとか何も言わない。引きこもっててもなんも言わない。

 

少し話ずれるけど、この20日間のうち、半分は引きこもってたわ。怠けてた日もあるけど、風邪ひいてたときもあるけど、それだけじゃなくて。なんか怖くて。すごい比べちゃうし、周りがどうなのか気にしちゃう。あれ、こういうの卒業したはずなんだけどな。

 

だからZOZOTOWNでどういう服が流行ってるのか見たり、インスタで#今日のコーデで検索してみたり。雑誌読むために満喫行こうかとまで思ったわ。

 

容姿だけじゃなくて、日本が全体的に怖かった。なんだろう。日本で生まれ育って、去年だってまるまる2ヶ月夏は日本で過ごしてるし、でもなんだろう。今回は全然違ったんだよね、気持ちが。もうアメリカに帰ることはないから、本格的にいろいろ考えなきゃいけないし、言い訳はできないし。そして自分に自信がないので、まあすべての原因はそこだよね。

 

そう、それでね、昨日とか「本買い集めて引きこもっていたい」って思ってて。このままだと本当に引きこもってしまいそうなので、今日は外に出た。そして今から履歴書を書く。

 

優しい友達は、「もう少しゆっくりしてもいいんじゃない」的なことを言ってくれた。優しすぎる。私は友達にも甘やかされている。特に高校からの友達の前だと、デレデレしてしまう。みんなが頼りになるから。何もしない人間になる。こないだも覚えたての35億をぶち込んでひとりでゲラゲラ笑った。いい迷惑だ。それでも許してくれる友達が優しすぎるし、私は甘えすぎている。他の友だちには、なかなか連絡を返さなかったり、延々と話してしまったり、やっぱり甘えてしまっている。

 

本当にこんな私と友達でいてくれてありがとうだ。

 

 

今、セブンイレブンの、宇治抹茶ティラミスわらびなるものを食べている。なかに抹茶ソースとクリームチーズが入っているやつ。お母さんが昨日買ってきてくれたけど私が引きこもり決めていたから食べなかったやつ。

 

できるだけ早く就職先を見つけようと思う。面接頑張ろうと思う。そして、今まで心配とお金ばかりかけた娘を脱出しようと思う。

 

 

親にも、友達にも、ちゃんと一人前って認められたいから。やることちゃんとやらねば。上を目指さねば。

 

次ブログを書くときは、コミカレ出身の就活記☆なんて感じがいい。成功体験談ね、うん。

 

 

っていう自分への戒め更新。

 

 

p.s. でも、オイルサーデンって呼ぶのはやめてね、ママ。

 

海外旅行(バックパッカー)に持っていくべきものリスト!

 

今回旅行に行くにあたって、何を持っていくべきかいろいろ調べました。久しぶりの海外旅行、なにかと不安で!帰国して、何が欲しかったか、また持って行って正解だったか考えてみた!ということで、

 

留学に持っていくべきものリストに続き、海外旅行(バックパッカー)に持っていくべきものリストも作ってみました!

備忘録も兼ねて、、、I hope it helps some of you when you travel abroad, especially where you have no idea how much the country is developed!

 

マストなものたち

  • パスポート
  • ビザ
  • 海外保険のコピー

ここらへんはスキャンして、google driveかなんかに入れておくべき!国によって必要とされているものは違うので、頑張って最新の情報を手に入れてください。ちなみにメキシコは何もいらなかったけど(帰国時に入国するときに書いたカードみたいなのは必要だからmake sure to keep it with you until you leave the country!)キューバはツーリストカードなるものと保険はきちんと事前に用意しておくことが求められてました。

  • お金

空港で両替すればいいや!よくわかんないし!って思っていた何週間か前の自分に喝を入れたい、、、あとになって比べて「あのときレート悪かったんだ、、、」とかけっこうへこむ。予定なんて変わってしまうものだけど、でもどれくらい使うか、ちゃんと調べて冷静に考える時間を事前の設けることをおすすめします。キューバで米ドル替えると10%も罰金とられちゃうって前日のカンクンにいるときに知って、替える予定だったドルを慌ててメキシコペソにしたけど、それが良い判断だったのかはもうあまり考えたくない。

  • クレジットカード

ちなみに今回私お財布持ってこなかった。小さいカードケースみたいなのだけ。お金は小分けにして。

  • カメラ

今回ミラーレス一眼は持っていったけど、あの子調子悪いからずっとiPhoneで撮ってた。画質がいいことも大事だけど、画角とか、タイミングにこだわることでいい写真が撮れるっていろんな人見て学んだので!そして撮った写真はgoogle photoやらクラウドにすぐ保存しておこう!友達は乗馬体験してるときに土砂降りに降られて、データ全部飛んだぞ!携帯盗まれたってカナダ人にも会ったぞ!

  • ラップトップやらタブレットやら携帯やら

今回荷物削減のため、ラップトップ持ってくのやめようかなって思ったけど、持ってきてよかった、やっぱり1番便利だわ。でもタブレットほしいなあって思う。

  • 充電器関連

外で写真撮ったりGPS使ってると消耗早かったりするから、携帯充電器はあると良い!そして停電のときも(そうそうないけど今回のハバナの教訓)ライトが必要となるからいる!

 


衣類
早く乾くものは便利!メキシコかな?で女性の露出多いのは誘ってるのと一緒だみたいなこと聞いた気がするけど、普通にショーパンとタンクトップでも浮きませんでした。てかやってけないぜ、、、あつすぎて、、、、でも宗教色の強い国ではマナーを守った格好をしよう。あとパーカーはあって本当に良かった!空港や機内やバスの中寒いし、枕にもなるし、今回の旅の勤労賞をあげたい。

  •  Tシャツとスウェット

パジャマ用に。最初は夜も暑いだろうし、普段着ているワンピース型の薄っぺらいやつにしようかなと思ったけど、虫対策ということでスウェットを選択。空港で長い待ち時間のときに履き替えてラクできたから良かった。特に空港泊したときは夜寒かったので、助かった!

  • 帽子orサングラス

メキシコのメリダではサングラスかけてる人全然いなくて。帽子は現地で買おうと思ったけど、結局買わなかったな。でも日よけ対策は大切!

  • 靴・サンダル

ビーサン的なのは絶対あった方がいい!

  • タオル

今回泊まるホステルたちは基本的にタオルが用意されてたので持ってかなかったけど、最初のホステルが貸出タオル切れてて、すぐにシャワーに入れなかったのが嫌だった!だから向こうで捨ててもいいようなスポーツタオルでも持ってくといいかも。あと汗かくのでハンドタオルもマスト。

 

 

洗面台周り・身だしなみ関係など

  • 洗濯洗剤
  • 洗濯できる袋

少し厚めのビニール袋やエコバッグなど、そこに洗剤と水入れてジャパジャパ洗える袋があると便利!

  • 日焼け止め

今回持ってきたものが虫除け入りの日焼け止めで期待して行ったんだけど、伸びもよくないし、あまり良くなかった、、、結果めっちゃ焼けた、、、だから肩とかにも塗りやすいスプレータイプやハイクオリティの日焼け止めがあったら良かったな。

  • アフターサンジェル

って言うんだっけ?ここまで考えてなかったから、日焼け跡ヒリヒリで痛くて、、、肩焼けちゃってバックパック背負うのも辛かった、、、ラッキーなことに日焼けして何日後かに(too late though!)一緒のホステルだった台湾人にキューカンバージェルを譲ってもらえた!ありがとう!

  • 洗い流さないトリートメント的なやつ

今回お湯が出るシャワーはなかったなあ。それプラス多分日焼けのせいで、髪パッサパサ!!コンディショナーはあほのように使う私だけど、それじゃあなんともなんなかったので、次回はヘアオイルのような髪をもっといたわるものを持っていこうと思います。

  • 化粧水

たまたま家で使ってたのがジェルタイプの化粧水だったから、それを使用済みのコンタクトレンズケースに入れて持っていきました。良かった!

  • シャンプーやらボディソープやら

コンディショナーは持っていったプラスメキシコで200mlの買って、キューバ行く前に100mlボトルに詰め替えた!メキシコはアメリカブランドも安かった!洗顔は薬が入ってた小さなケースに入れて行ったら十分な量だった!

  • 爪切りと耳かき

飛行機乗った後って無性に耳かきしたくなるのって私だけ?

  • 虫除けとかゆみ止め

かゆみ止め(ウナでもオロナインでも)を刺された直後に塗ることの大切さね!置型の虫除け(夜用)や虫除け効果のあるアロマも挑戦してみればよかったな。

  • ファブリーズ

携帯用のファブリーズって売ってるのかな。パーカーとかズボンとか、なかなか洗濯できないものにシュッシュッってしたいなってすごい思った。

  • ジップロック

今回ポーチとかは持ってかず、基本全部ジップロックにわけてた。予備のジップロックも2〜3枚持っていくと何かと役立つ!

でも

f:id:girasol223:20170928222509j:plain

https://shop-list.com/women/shoppinggo/6XR001BAG/

こういう壁掛けできる収納バッグも便利だと思う!次回持っていきたい!

  • ボディーシート

だっけ?汗拭くやつ。メキシコもキューバも蒸し暑すぎて全然リフレッシュされた気にならないけど(笑)

  • 歯ブラシと歯磨き粉

今回はすべて機内持ち込みだったから関係ないけど、いつも手荷物の方に入れてる。我こそはって飛行機着陸後降りてく人いるけど、どうせスーツケース出て来るの待つんだし、って思って飛行機降りたらまずトイレ行って歯磨いて顔ちょっと作って「あー日本のトイレはきれいだなー」ってしみじみします、という私のルーティーンはどうでもいいんだけど、歯ブラシ置きが欲しかった。

f:id:girasol223:20170924101843j:plain

http://www.francfranc.com/shop/g/g1105080033104/

これは陶器だから旅行向けではないけど、形的にはこういうやつ!みんなで使う洗面所に歯ブラシを置いておくことはできないから、ちょっとしたところに立てて乾かしておけるように。歯ブラシ濡れたままにするとばい菌繁殖しちゃうらしい!

  • 常備薬

歯が痛くなるのを恐れて何にでも効くadvilを持ってきた。一般的な薬やマスクを念のために持っていると、現地で会った日本人を助けられるチャンスも!喉のケアって思ってるより大事かも。空気汚かったりするしね。

  • コンタクトレンズと洗浄液 

ワンデーが理想だけどね。ちなみにお泊りに持っていくの忘れそうになるもの1位はメガネ(私調べ)

 

 

その他日用品

  • お手拭き

抗菌のやつね。今回40枚入りのボトルタイプのを買ってって(そんないらないけど)その日使うだろう分だけジップロックに入れて持ち歩いてた。

  • ポケットティッシュ

念のため多めに。

  • ハンガー

よく洗濯バサミとロープって書いてあるけど、どっちも持ってなかったから針金ハンガー2本持ってった。洗濯をためなければどうにかなった!

  • 折り畳み傘

使ったけど実際邪魔だから、レインコートやマウンテンパーカーも良いオプションかも。実際ハリケーン見たら、あんな風のなか傘なんてとてもじゃないけどさせないぜ。

  • ノートとペン

メモサイズのノートはいつもかばんに入れていたら、町で出会った人におすすめのお店の名前書いてもらったり、ささっと走り書きしたり、何かと使えました。あと手帳サイズのノートはジャーナル用に。ペンは油性マジックもあったら、持ち物に名前書いたり使える場面があるかも。本持ってこうかと思ったけど、ジャーナル書いてたらそれでけっこう時間潰れました。

  • セロハンテープかガムテープ

テープ類は洗剤の口を止めたり、お土産を包んで巻いたり、意外と必要となってくる場面も。フロントに聞けばある可能性もあるけどね。

  • S字フック

トイレにかばんかけたり、ハンガー代わりになったり、1こ表のポケットに入れとくのもいいかも。

  • 南京錠

ホステルなどでロッカーに鍵をかける用!今回1ヶ所、私の持っていた南京錠が太すぎてロッカーの穴に入らないことがあったので、細い方がいいかも!

  • ガイドブック

移動中に読んだり。ネットでももちろん調べられるけど、情報が多すぎるときもあるから、そういうときに最終的に頼りにするのはガイドブックだったな。タクシー運転手に場所示すときも見せやすいし。歴史とかもさらっと頭に入れておこう。ちなみに今回一人旅ということで、地球の歩き方特派員だと自分のことを思い込みながら行動してた(笑)

 

 

「 持ち物:やる気」に続くもの

  • 事前に調べること

現地に行かなきゃわからないことや天気のせいで予定が変わったこともあったけど、事前に行きたいところ食べたいものは調べておくべき。じゃないと、前日に急いで調べることになって、ゆっくりその日の思い出に浸れなかったり、疲れちゃってそれどころじゃないこともあるかも。

  • 数字を聞き取る能力

値段を口頭だけで言われること多数!これがわかるだけでも全然違う!特訓だ!

  • 断る術

「高すぎる」よりも「ちょっと予算オーバーだな」とか「今日まだ1日目だからもうちょっと見てまわりたい」とか賢くいろんな断り方したかった。値段だけじゃなくて、ただ単に気に入らないけど断りづらいシチュエーションもあると思うので、「また戻ってくるね(戻らないけど)」ってさらっと言いたかったけど、言えなかったのは勉強不足。マーケットのおばちゃんとかは英語わからない場合が多いから現地の言葉でね!あと、買い物だけじゃなく、ナンパ等のお誘いをうまーく交わす方法も考えておこう!

  • 髪を切ること

預けない限り、液体類は持ち込める量は決まっているから(今回私のジップロックパンパン)シャンプーもコンディショナーも少なくて済むならそれに越したことはない。あとは、シャワーが思うように体全体にかからないことも多くあったから、女子のムダ毛処理も出発前に出来る限りやっていった方がいい(笑)

 

 


今回30リットルのパタゴニアのバックパックを使用しました。

これだけの物を入れたらけっこうパンパンだったけど、洋服もうまくローテーションできたし、ミニマリストいいなあって思っているところもあるからあまりお土産を多く買う目的もなく、ちょうど良かったかなって思う。かなり重いけど(笑)

 

といった具合です!旅行中に出会った人はほとんど私なんかより海外旅行経験豊富な方々ばっかりだったので、そういった人に聞くのが1番かもしれないけれど、でも少しでもこのリストも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

Thanks! 

 

 

おまけ

荷物に余裕があれば欲しかったハンモック。かわいい!

 

 

メキシコキューバ一人旅その10〜キューバで食べたもの〜

 

キューバで何食べたの?って聞かれても、正直たいしたもの食べてないんですよね(笑)プラスハリケーンの影響でレストラン閉まるから貴重な食事の機会逃したし!でも基本おいしかったです。

 

以下、キューバの食事はこんな感じでした!

 

〜外食〜

 

1日一緒に行動させてもらった友達のおすすめのイタリアン!

 

そのときは店名なんて知らなかったけど、Venamiというレストラン。Google mapには載ってなかったけどmaps meにはあって、trip advisorでも4.5の評価☆

これで4CUCくらい(1CUC=1ドル)

プラス

マンゴージュース1.5CUC でとってもリーズナブル。

ここに限らずキューバはめっっっっっちゃくちゃフルーツジュース(特にマンゴー)がおいしいからぜひとも!!飲んでいただきたい。まじでジュースが1番おいしいって言うその場にいた3人の意見の一致(笑)

 

おいしかった〜!かなりボリューミー!

 

普段旅行に行ったら、同じお店には入らないタイプの人間なんだけど、↑のわずか2日後にまた訪れるっていう。

ほんとは別のとこに行く予定だったけど、ハリケーン上陸直前で店がどんどん閉まり始めていて!ここはドアもない開放的(だから構えず入りやすいのはありがたかった)なとこなのに元気に営業してたから入ることに。

 

ラビオリ!5CUC!

パルメザンチーズは別途ついていて、THEラビオリでおいしかった!友達のピザももらったけどそっちもチーズいっぱいでクリスピーで(ちゃんと釜で焼いてる!)1枚ペロッと食べられちゃいそうなおいしさだった!

 

ここの店員さんのお兄さんとお姉さんが美男美女なんだよ〜〜〜お姉さんは2回目に来たとき私のこと覚えててくれたらしくてちょっと笑われちゃったよ〜〜〜 "I should say... Arigato?"って最後言ってくれてかわいかった〜〜〜!

 

Lonely Planetによるとキューバのレストランでのチップはhighly appreciatedとだけ書いてあってアメリカのように何%とか決まってるわけではないみたいだけど、でもここの店員さんたちよく働いていたし、お通しみたいなもの(薄いピザ生地にオリーブオイルやペストつけて食べる)も出してくれたしで、おつりは残しました。これで仕事後のビールでも飲んでね!

 

 

ロブスター!!

1番栄えているオビスポ通り(どこかのブログでハバナの竹下通りという表現を見たけど、それぴったり)にあるEuropaという観光客向けのレストラン。

高級そうに見えるけど、よくメニュー見てみるとお手頃な値段。このロブスターは高い方で、9.5CUCだったかな。でも日本で1000円でロブスターなんて食べれない(そもそもロブスター食べる機会なんてない!)のでキューバにいるうちに!と。

影に炒めた野菜とじゃがいもがあって、ロブスターもプリプリしてておいしかった。感動的ってわけではないけど(笑)でもまあロブスターを食べるという項目をチェックできたからいいかな。

 

 

これはLonely Planetに載っていたLa Casa de la Parra/Hanoiってお店。Creole料理が大好きなので行きたい!と思い。17時くらいだったからめっちゃ空いてたけど、席もたくさんあるし、カジュアルっぽいけど、ちゃんとナプキン折ってあったりするし、まあハエ多かったけど、おじさん店員もやさしかったです。

これはねー、魚。いくらだったかなー、4CUCとかそんなもんだった気がする。

外にメニューがあるから相場を見れていいよね。

魚柔らかいし味付けもおいしかった!でも気づけばお米を2週間近く食べてなかったから(旅行前からお米が切れててしばらく食べてなかった)こんなパサパサなお米でも「おいしい〜〜〜!」ってなりました。

 

 

〜カサでの食事〜

コングリ!おいしかった!魚のフライとポテトと、あと別のプレートにアボカド(こっちのアボカド大きくて日本の2倍あるといっても過言ではない)とか野菜が乗ってて、あとマンゴージュース(やっぱり1番おいしい)

ホアキナさんの家でのディナーは、お昼くらいにオーダーすれば5CUCで作ってくれます。めっちゃおなかいっぱいになったし、コングリずっと食べてみたかったから良かった!

 

これもデザートで出してくれたんだけど、めっっっっっちゃくちゃ甘くて、何入れたらこんな甘くなるの?ってくらい甘くて、さすがの私も3口でギブアップでした。やばい。

 

 

これはCasa de Aniaという最初のホステルに泊まったときにオーダーした朝ごはん(3CUC)  朝ごはん5種類くらいあって、ワッフルにしてみた!ほんとは卵2つ。そしてここでもやっぱり1番おいしいマンゴージュース。

 

 

 

ホアキナさんのとこでは朝ごはんが含まれていて、こんなフルーツプレートと卵料理とパンとホットチョコレートなどなど微妙に毎日変わる。パパイヤとパイナップルとグアバとジャム固めたみたいなのと、やっぱり1番おいしいマンゴー。マンゴーだけ最後に残して味わって食べてたら「ひとりっこ?」と聞かれたくらいマンゴーは特別&格別。あとみなさん、グアバって種プッチプッチしてるの知ってました?よく考えたらジュース以外のグアバって初めて食べたわ。

最終日はサプライズと言ってお供え物サイズのお米と海苔(どうやって入手したんだろう、、、)を出してくれた!Muchas gracias♡

 

 

〜アイスクリーム〜

1日1アイスクリームが旅行の目標なんだけど、キューバではそれが容易に達成できるんじゃないかってくらい歩きながらアイスクリーム食べてる人がたくさんいた。

 

ここはめっちゃ観光客向けのHelad'oroというジェラート屋さん!

モヒート味とパイナップル味!ダブル(dos bolas) 3CUCだからキューバにしては高いけど、

雰囲気かわいいし、

変わり種もいろいろあるし、おすすめ!!

 

ほんとは、museo del chocolateという有名なチョコレート屋さんでチョコレートフローズン的なの飲もうと思ってたんだけど道に迷いまして、偶然ここにたどり着いた!ハバナはストリート名の表示がないところが多いから、方向音痴にとってはわかりづらかったし、このジェラート屋さんにたどり着けたのもこの1回きりだった、、、

 

 

変わってこちらは地元の人が食べるアイスクリーム!

食べた後ですいません。

 

歩いてたら、移動アイスクリーム車みたいなのが音楽鳴らしながら公園に停まって、それと同時に地元の人たちが並び始めたから便乗して並ぶことに。

味は1種類だけ、チョコレートで、1つ10CUP(24CUP=1CUC=1ドル)だから40円?50円?くらい?

 

味は普通においしかったんだけど、何がおもしろかったかっていうと、スプーンをもらえなかったんですね!で、周り見てみると、みんなフタをへし曲げてアイスすくってる!!!その他に方法がないので、真似させていただきました。最後の方すくえないから飲むしかないよね。あー楽しかった。

 

 

これはプラザカルロストレスというデパート?のようなとこ。ハリケーン後でまだ停電の家が多かったのか、ここで充電したりする人も多く、人で溢れかえっていた、、!

水を買うついでに買ったクッキー&クリームアイスクリーム(1CUC)可もなく不可もなくおいしかったです。こちらもフタでワイルドに食べました。

 

 

これはまだ停電しているときにお散歩帰りに買ったアイスクリーム(1CUC)

お兄ちゃんが「エラードー!エラードー!!」って頑張って呼び込んでたから買ったら、受け取った瞬間わかる。めっちゃ溶けてる。

停電で冷凍庫つかなくなっちゃったからそんなに頑張って売ってたのね〜!って納得。感化されてきたのか、「いや売るなよ」って考えはもはやなかった。

 

 

〜番外編〜

 

ナンバーワンインキューバって書いてあるけど、これしか水売ってないからね(笑)基本この1.5リットルサイズの水(1CUC〜2CUC)

 

 

最後に空港で買ったクッキー(1.40CUC)

アメリカの商品(会社)は参入してないから、ネスレを見かける機会が多かったなあ。でもコカ・コーラあったけどな。

 

という感じです。もっとCUP(キューバ人が使う貨幣)を使えば1食1ドル以下で食べれるし、屋台めし(チュロスとかもある!)も食べたかったし、友達にもらったフライドチキン(薄いビニール袋に入ってるw)も味付けおいしかったからそういうのももう少し見つけてみたかったな。

 

とにもかくにも、キューバに行った際は、

ぜひ!マンゴージュース飲んでね!!!!!

メキシコキューバ一人旅その9〜ハリケーン上陸〜

 

9/9

朝、ホステルをチェックアウト。ここ(casa de ania)は朝食も水も買った分だけチャージされて、後支払いだからラクだったし、ちゃんとプリントした明細?出してくれた!多分珍しいことだと思う(笑)

 

まだ次のホステルに向かうには早かったので(予約もなにもないから、そんなことはないんだけど)Lonely Planetにも地球の歩き方にも載っていたカフェ(があったので行ってみることに。どっちにもそこのハンバーガーとミルクシェーキがおいしいと書いてあったから期待大!

 

だけど、風が強すぎて(笑)
もう風に押されて歩いてる感じor飛ばされる。

 

特に海沿いのストリートがやばくて、誰も歩いてる人はいなかった(笑)

太陽はそこそこ出てるし、暑いんだけどね。

 

で、1時間近く歩いて(なるべく風を避けるために遠回りしてたと思う)それっぽいとこに着いたけど、まあ開いてないよね。

 

しゃーないって思って、帰り道に有名なアイスクリーム屋さん(コッペリア)があるから寄ってみたら、そこも閉まってる!残念!!

 

 

宿を移動するときバックパックが重すぎる&日焼けで肩が痛いから背負ってるのが辛かったため、タクシーを使っちゃおうと思ってウロウロ。

 

そしたらお兄さんに「タクシー?」と声をかけられ、いつもはいらないけどナイスタイミング!と思って「そうそう」って言ったら、「次の通りに行ったら拾えるよ」って教えてくれた(タクシー運転手ではなかったw)

 

結局、「ここだよ」って教えてくれて、タクシー停めるの手伝ってくれた!優しい!でもハリケーンの影響もあってなかなか停まってくれなくて。そしたら「ちょっと待ってて」って走ってどっか違うポイントまで行って声かけようとしてくれた!日本でそこまでやってくれる人なかなかいないよねとっても優しい!!

 

そうこうしてるうちにすでに2人乗せているタクシーが停まって、無事次のカサ(滞在先)に向かえることに。お兄さんスペシャルサンキュー!

 

で、建物の2階がカサなんだけど、外から「ホアキナー!」ってホストの名前を叫んで、ベランダから鍵を落としてもらって入るシステム。

だけど、叫べなくない?(笑)
ちょっとためらっていたら、それを見かねたタクシーのお兄ちゃんが代わりに叫んでくれた!

自分で払うお金を決めるから、ちょっと多く渡しすぎたかなって思ったけど、このへんまで含めて、まあいっかって思った。ポジティブに考えないとやってけん。

 

 

このホアキナの家は旧市街にあって、日本人に有名。行ったときもリビングに日本人が2人いて一緒にお昼ごはんのために外出。でもどんどん雨風強くなってきたので、このあとカサに帰るも、やることないからおしゃべりしたり昼寝したりダラダラ。この日は日本人8人、あと韓国人2人とスイス人の親子が滞在していた。

 

 

夕食のあとウノをしていたら、停電(笑)

 

寝るしかないから寝ました。ほんと真っ暗。

 

 

9/10

翌日になっても電気は回復せず。薄明かりのなかスマホの明かりでシャワー浴びた。幸いなことに水は止まってなかったけど、同じハバナでも水出ないとこ多かったみたい。すぐ近くのカサとかも水止まってたって言ってたから、ラッキーだったわ。

 

この日は何をするでもなく、ただただまったりデイ。朝ごはんは出るから、ろうそくの明かりのもとおいしいマンゴーとかったいパンを食べ、お昼まで寝た。っていうのも理由があって!お腹痛くて!


昨日の夕食のときに出された水がおいしくなくて、それくらいしか思い当たらないんだけど。でもまあなんとか乗り越えました。私よりも重症な人もいたから、私のなんて全然。でもここから2週間くらい食べると腸が痛くなる謎の症状に悩まされた(過敏性なんたらっぽかったけど、やっと最近治った)

 

 

この日はどんどん避難者がうちのカサに舞い込む日でした。

空港行ったけど空港自体が閉まってたとか、被害の大きかったトリニダーからやっと帰ってこれたとか(1日以上なんも食べてなかったみたい)大半が飛行機キャンセルになって行き場を失った人たち。この日はベッド全部使われていたかな。日本人も韓国人も増え、携帯すられた挙句フライト1週間先に延期になったかわいそうなカナダ人もやってきて。

 

みんなの懸念はただ1つ。飛行機が飛ぶのかどうか。

それぞれが「本当は○日にフライトの予定だったんだけど、さっきキャンセルのメール来て、でも振替まだ決まってなくて、でもさっきの人は○○エアラインで○日に取れたって言ってたから私も○日に取れたらいいんだけど、でも電話も通じなくて、どうしよう。○日までに帰らなきゃいけないから最低○日にはここを出なきゃいけない。」みたいな。

みんな別の日のフライトで、違う航空会社だから、違うストーリーがあって、今でも誰がどういう状況だったか覚えてるもん(笑)

 

私は12日のinterjetのカンクン行き。この日は10日。ハリケーン自体はハバナから去ったものの(晴れてはいる)電気も水も止まった空港は機能していないようで。

 

自分の状況を説明すると、

12日のフライトに乗れないと、カンクンーポートランドもポートランドー東京も乗れなくなる。そしてすべて別の航空会社だから保証や振替などはないから、どうにかして飛んでもらわないと困る!そしてこの時点ではキャンセルのメールなどなし。でもメキシコの格安航空会社、本当にメールは来るのか、どこまで信頼していいものか。しかも飛行機は飛べるってなっても、空港が閉まったままだったら意味ないし。

 

wifiが使えるホテルまで行って(人が溢れかえってる)確認するも、メールもないし、ウェブサイト行っても自分に関係するフライトの情報は更新されておらず。

 

お願いだ〜〜〜飛んでくれ〜〜〜〜〜!!!

 

ちなみにネットが必要になった人が増えたからか、ホテルのフロントもwifiカード売り切れ。wifiカード欲しいって言ったら、最初15分待ってくれって言われて、そのあと行ったらもう20分待ってくれ言われた。さすがキューバ。

 

カサにいる人たちみんな交互にwifi使いに行ったりするから、「なんかアップデートありました?!」って情報交換たくさんした。いや、みんな同じような状況だし、希望の光はなかったんだけど、少しでも多く知りたいし、みんな1日でも早くキューバを脱してほしいと思ってたから。

 

いや、キューバはいいとこなんだよ、好きだし。でもお店もレストランも開いてないし、電気もないし、ネットもないし、この時点でキューバに2週間近く滞在している人たちばかりだったので、みんな早く帰りたい気持ちが大きかった(笑)

 

なにかしらね、「空港が○日には開きます!」とかね、オフィシャルの情報があれば良かったんだけど、なんもないから(笑)もう祈るのみ。

 

こっちからは繋がらないから、日本の親や友達に電話してチケットを取り直してもらった子とか、もう諦めて別の経路で帰る人とか、みんなどうにかして帰る道を確保。でもそれらも100%飛ぶ保証はないから、不安は尽きない。

 

この日の夜も明かりのないまま、みんなで話したり。エアコンがなくて暑いから、とにかくベランダにいた風を感じれれば全然マシ。キューバ人がみんなベランダに座ってぼけーっとしてる理由すごいわかったわ。

 

ただこのカサ、とにかく立地が良くて、

目の前がカピトリオ(旧国会議事堂)だから「永田町に住んでるようなもんだね!」って言ったり、「暗いってことは、きっと星がきれいに見えるぞ〜!」って励ましあってた(曇ってたから星は1つも見えなかった)

 

そんな外が真っ暗ななか何か食べるものを!と出かけていった人たちいたけど、結局何も食べられなかったみたい。

 

 

9/11

interjetを使用する人が朝イチで空港へ。キャンセルのメールはたしか来てなかったんだよね、だからやたらと自信を持って(笑)出ていったようで。

 

でも、お昼前に帰ってきた(笑)

 

「○○さん帰ってこないってことは飛んだんじゃない?!」「よっしゃー!」って勝手に盛り上がってたとこに、ご帰宅だったから「え〜〜帰ってきたよ〜〜〜」「まじか〜〜〜」と失礼な対応。

 

結局この日も空港は開いておらず(いや、開いてはいるけど、カウンターに人はいないし、何の表示もない)そもそも飛行機も待機しておらず。

 

そのあとその人と、もう1人interjetを使う人と私で、少し離れたところにあるinterjetのオフィスへ。

 

木すごい倒れてた。

 

その一角にはデルタなど他の航空会社のオフィスもあったんだけど、どこも開いておらず。ちょうどそこがwifiが飛んでいたのでinterjetのウェブサイトに行ってみたら、今日の分までのハバナ発着便と、少し離れた日のマイアミ付近のフライトはハリケーンのためキャンセルとアップデートあり。・・・ってことは明日私の分飛ぶんじゃない?!とやっとここで一筋の光。

 

帰ってその情報をシェアするも、エアカナダは13日からしか予約できないとか(私のフライトは12日)う〜〜〜〜んわからんぞ〜〜〜〜〜〜。

 

あ、電気はこの日の朝、復旧しました。電気のある感動たるや。でもまだ電気ない地区もあって、改めてラッキーだった。部屋クーラーつけっぱなしにしてて、多分ここが今ハバナで1番快適って思ったわ。

 

最後にwifi使うために外出たら

太い木が倒れてたり

 

街灯も倒れていたり。

 

電気復旧したとはいえ、まだまだ暗い夜でした。(働く気もないしやることもないから、停電の間お酒の売れ行きがとても良かったらしい。ビバキューバ)

 

 

9/12 

11時のフライトのため8時にカサを出る。

朝焼けきれい。

 

とりあえず空港に行ってカウンターで話を聞きたい(それが1番確か)という人たち3人とタクシーをシェアして空港へ向かいました。

そのうち1人、韓国人の子は、昨日の夜の時点で12日のフライトが確定してたものの、マイアミ乗り換えだったため、朝になってキャンセルのお知らせ。シャンプーも何もかも使い切って帰る気満々だったため、テンションの落ちよう半端ない。そりゃそうだ。自動振替で14日になってしまったからそれをどうにか13日にできないか交渉しに行くみたい。

 

でね、タクシー降りても、飛行機は見えないし、人は少ないしで、さっそく泣きたくなる。空港入っても、電光掲示板なにも書いてない、、、??

 

とりあえず、interjetのカウンターに行ってみたら、、、

飛ぶ!!!!!

Cancun On Timeの表示!!!!!!!

歓喜!!!!!!!

こんなに搭乗券を手にして嬉しいことは今までなかった!!!!!!

 

ということで、あのカサにいた人のなかで1番にキューバを脱出することに成功しました。みんな、さらばだ!!!!

 

 

っていうか毎年ハリケーン来てるのに、これ毎年繰り返してるの?(確かな情報がないこの感じ)

と嫌味を言いたくなるとこですが!これもキューバ!ハリケーンを体験するという貴重な体験ができたし!行動できなかった分いろんなおもしろい人たちとお話できたし!全部ひっくるめて楽しかったです!

 

まあ予定通りに飛んだからこそ言えることかもしれないけど(笑)

 

 

うん、

もうハリケーンのシーズンには中南米には行きません!!!!

 

 

長くなりました。おわり。 

 

メキシコキューバ一人旅その8〜Old Havana散策!一人旅/グループ旅のいいとこ〜

 

私の滞在していたCasaのあったCentroから旧市街(old havanaとかhavana viejaとかとも言うけど、旧市街に統一します)は歩いて30分ほど。バスもあるけど、正直ぜんっぜんわからなかったからmaps meを頼りに歩いてた。

 

まとまりがないので、写真とともに振り返ります。

 

オビスポ通りにあるお土産品が並ぶエリア!ここで手作りのピアス買った!かわいいものたくさん!

 

ヘミングウェイが泊まったことで有名なホテル。

 

偶然通りかかった古本市が素敵だった。カストロデザインのものもたくさんあり見てるだけでも楽しい。

 

大きな広場。旧市街はそんなに広くないので、ぶらぶらしてたらだいたいまわれる。ここでおばさんが声かけてきて何かを説明してくれたけど、キーとなる単語がわからなくて(ここさえわかれば理解はできるんだけど)何回も同じこと繰り返し言ってくれるんだけど、わからないものはわからないから申し訳なかった。

 

暑かった〜〜〜。

 

旧市街は狭い道が多い。迷路。

 

クラシックカーは見た目通り(以上に)古いから、頻繁に故障するらしくて、何人か集まって車のフロント開けてにらめっこしている様子たくさん見かけた(笑)

 

自転車タクシーに乗った!5分も乗ってないくらいの距離で5CUC、3人乗ってたから重かっただろうにお疲れ様でした。

 

ホスピタルかっこいい。

 

クラッシクカーいっぱい。

 

後半になると感動しなくなるくらいクラシックカーいっぱい。

 

カピトリオ(旧国会議事堂)

 

ここもヘミングウェイお気に入りのダイキリで有名。

 

きれいな道もあれば汚い道もある。もっと住宅地になると掃いたゴミとか排水外に捨てるからね。

 

オビスポ通りはガヤガヤしてるけど、少し離れると静かになる。

 

かっこいい。

 

ハリケーン来たら映画でも見に行こうかなって甘い考えしてたころ。

 

カピトリオ周辺は道が広くて良い。

 

馬車もあるよ。

 

 警察官よく見たかも。治安は噂通り悪くなかったです。(盗難にあった子はいたけど、でも怖い思いは特にしなかった)

 

良い。中南米のインドと呼ばれているのを聞いたことがあるけど、どうなんだろう。

 

みんな働いてた。卵を何ダースも抱えて歩いてる人いて、同じ”働く”でも日本とは違う風景。

 

古い建物が基本。ハリケーンで飛ばされないか心配だった。

 

店頭にこうやってメニュー置いてあるとこ多くてよかった。キューバサンドイッチが有名(チーズとハム挟んでグリルしただけだけど)だけど食べなかったな〜。

 

好き。

 

絵になる。このように全身真っ白の女性も男性もたまに見かけた。

 

カリビアンクルーズかな。この海沿い歩いてたらおっちゃんたちに話しかけられて、キューバいいとこだろ〜日本とは違うだろうけどいいとこだろ〜〜って。言い切れないけど、私に話しかけてきた人たちはみんな、キューバに誇りを持ってました。

 

モロ要塞。

 

雰囲気良く見えるけど、おじいちゃん×2。

 

このマレコン通りは、歩いてると男女問わず、ナンパされます。こんな私でも、笑っちゃうくらいラブコール受けた(笑)「なんて君の笑顔は素敵なんだ、、、!」って。将来困ったらまた歩こうと思う。

 

夕方になると子どもたちが出てきて遊び始める。サッカーとかバスケとか野球とか、壁にボール当てたり、みんな元気。

 

よく見えないけど、ローラースケートも流行ってるみたい。スイスイ通り過ぎてった。

 

オビスポにあった屋台のチュロス食べたかった。

 

キューバといえばチェ・ゲバラってイメージが強いけど、実際銅像とかで頻繁にいるのはホセ・マルティという事実。

 

ハネムーンとかでキューバ行ったら馬車乗るね。あとクラシックカーのタクシーもおすすめ!観光客はヨーロッパからが多かったかな、でも町中でも思ったよりは日本人見たかも。

 

中華街の方に近づくと、庶民派なレストランも増えてくる。

 

パン屋さん。というか配給所といった方が正しいのかな。

 

言わずもがな。感動した。

 

夕暮れ時〜夜に行って、ライトアップされてるのおすすめ。

 

 

ハバナをがっつりまわったのは2日間だったんだけど、1日はカサで出会った日本人2人(もうキューバ1週間くらいいて彼らにとっては最終日)にお供させてもらって、そして2日目はひとりでした。

 

ひとり旅と誰かと一緒にする旅、それぞれにいいところがあるよね、どっちもいい!

 

〜ひとりのいいところ〜

  • 好きなときに好きなとこに行けて、好きなときに好きなものが食べれる。

醍醐味よね!大きい。自分の気分や体調に合わせて予定を決められる。

  • 好きなように写真を撮れる。

いいタイミングが来るまで待ったり、夕日のために出かけたり、誰かに断らなくてもいい。


〜グループのいいところ〜

  • 感動や感情を共有できる

苦い経験も誰かと一緒だったら笑い話になったりしたら、とってもいいよね。

  • お互いの長所を活かせる

言語が得意な人、コミュニケーションが得意な人、方向感覚がある人、リサーチ上手な人、などなど適材適所で助け合える。

  • 写真を撮りあえる

よって今回の私のフォルダは99%くらい風景です。顔ひどいからそれでいいんだけど、たまーには撮ってもらえるとプロフィール写真をアップデートできたりするよね!

  • 割り勘できる

タクシーをシェアできるのは大きいなって思った。あと足りないときにお金ちょっと出し合えたり。

  • 変な勧誘が減る

男女一緒だったら、you今夜暇かい?みたいなのが減る。

  • アクティビティの幅が広がる

自分一人では選択肢に入ってこないこと(乗馬やダイビングetc)も「やってみよう!」ってなるかもしれない。現地で体験できないこと、多分私が見てた以上にあったはず。

 


ということで!私は、おいしいとこ取りをした旅がしたい!
移動とか宿は一緒だけど、日中はそれぞれ別行動!一緒に行動する日もあるけど、自由時間もあって、夜ご飯にレストランで集合みたいな!

 

そんなわがままスケジュールにお供してくれる人を募集してます!!!!!

メキシコキューバ一人旅その7〜キューバ入国!〜

 

本当は6人部屋だけど、人がおらずプライベートルーム同然だった部屋で朝から高橋優を流しながら準備。ほぼ自宅と一緒の過ごし方。

昨日買ったパンを食べながら〜♪

上のピザみたいなの(ハムとチーズが挟まっててデニッシュ生地)がおいしかった。


7:30くらいにホステルを出て、ADOのバスターミナルへ向かいます。歩いて10分くらいかな、だけど朝から汗だくよ。バスターミナルから宿が近いって大きい!すぐに空港行きのチケットも買えて。空港行きの人たち専用の待合室があって、エアコンも効いてて快適〜!

 

ウトウトしてたら着いたカンクンの空港!だけど!なんと!!

Free Wifiがない!!!!!


念のためと思って、事前にカンクン空港のウェブサイト見てWIFIあるって書いてあったのに、、、そういやcomplimentaryともfreeとも書いてなかったな、、、騙された、、、けっこう早めに来てしまったから暇してた。

 

何はともあれ!カンクン空港でやらなきゃいけない大切なこと!

それは、ツーリストカードの取得!


キューバ入国のためのものなんだけど、このツーリストカード、いろんな情報があって、キューバ大使館もけっこういい加減ぽい。日本で5000円だか払って大使館まで行かなきゃいけないとか、エアカナダに乗れば機内で無料でもらえるとか。カンクンでそのへんでおじさんが声かけてくるっていう説はけっこう濃厚だったからそれを信じて来ました。そしたら声かけられた!ツーリストカードある?って。350ペソが定価なのかわからないけど、払っちゃった。

 

ハバナへはinterjetというメキシコを中心に就航してる航空会社。

とにかくチェックインの列が長くて〜〜〜〜!!!!!

1時間くらい並んだ(ガチ)だってカウンター1こしか開いてないし、意味わかんないくらい1人1人に時間かかってるんだよう。さすがにイライラしてしまった。

 

手荷物検査前は特にお店はないけど、入ったら少しだけお土産屋さんと食べるところあったけど、うーーーーん。成田の素晴らしさを感じた。Not the best airport. 

 

 

でね、フライトね、めっちゃ揺れた(T_T)それなりに飛行機慣れしてると思ってたけど、めっちゃ怖かった!!!

 

そして着陸したとたん、雷雨になった(笑)こんななか飛んでたと思うと怖すぎる(笑)

 

飛行機降りて

わ〜〜〜〜キューバだ〜〜〜〜〜〜

っていうアホみたいな感想なんだけど、正直な気持ち。

 

まさか自分が実際キューバに来れると思ってなかったから。高1のときかな、に、BSの世界まちあるき的な番組でキューバを特集していて、なんて面白い国なんだって思ったのが最初の出会い。そっからずっと興味を持ち続けていて、ついに!キューバ上陸!嬉しかった。

 

そして次の感想は、美男美女が多い!!
空港のお姉さんたちは、ミニスカに網タイツという制服だし、男性も顔小さい人多い気がした!

 

イミグレーションでは健康保険の有無も聞かれず(アフリカ行った?ってだけ)すんなり、と思ったらすぐに手荷物検査。なんでここ。

 

で、到着ゲートに出たとたん、TAXI? TAXI? の大波。


空港からハバナ中心地までの公共交通機関がないに等しいので、タクシーがすごく多く待機してるんだけど、勧誘はんぱない〜〜〜!!!!嫌になる〜〜〜!!!自分から行くから〜〜〜!!!

 

でも1こ発見したのは、”Estoy esperando a mi amigo (amiga).”友達待ってるから)っていうと、下がってく!!みんな使って!!

 

メキシコではタクシー安かったけど、キューバは日本より気持ち安いくらい?たいして変わらないからそれなりにかかるわけで。タクシーシェアできる人を探してたんだけど、いい感じの人おらず。

 

うーんどうしようかなあって思ってたところに、オバマ似の優しい感じのタクシーのおじさんが声かけてきたので、もういいやって思って、その人のタクシーで市内へ。

 

キューバカラー!晴れてきた!

 

タクシーは泊まるホステルの目の前でおろしてくれて助かった。

 

今日から3泊するのはcasa de aniaというhostel worldで見つけたところ。キューバのカサ(ホステルのようなもの)はパソコンないとこがほとんどだろうし、飛び入りが基本なんだと思うけど、さすがになんも決めないで行くのは不安だったから予約してった。評判良さそうだったし。ちなみにメキシコのホステル3ヶ所もすべてhostel worldを通して予約しました。

 

1人が使うとバスルーム毎回モップしてくれるくらいきれいだし、家族で経営してるんだけど、みんなよく働いてたと思うし、いいとこでした!ウェルカムドリンクのグアバジュースもおいしかった!1泊10CUC($10)

 

ちょっと休憩して、翌日からの天気が不安だったから、少しお散歩してみることに。もう午後5時すぎだから、遠出はせず。夜も比較的安全らしいけどね。


ハバナはHavana Vieja(旧市街。観光客が集まる、お店や見どころが多いところ)とCentro(市民がいっぱい)とVedado(目的がないと行かないかな)に分かれていて、このカサはCentroにありました。なのでこんな町並み。

 

 

地元の人たちいっぱいいて、そのなかをこんなちびっこアジア人女子が一人で歩くのちょっと不安になったけど、少し奇妙な目を向けられるだけで特に問題なし。

 

話逸れるけど、海外旅行するときは特に、背が低くて童顔で女子なことが嫌です。値下げ交渉とかは女子がやった方が効果的らしいけどね。それでも幼く見えるし、周りからも過剰に心配されてしまうから好きじゃない。

 

海岸沿いをお散歩。


そしたら女性の地元の人から声をかけられ。


「どこから来てるの?」「キューバは医療も教育も無料なんだよ。」「自分はファーマシーで働いてるよ。」などなど。英語は上手ではなかったけど、コミュニケーション取るのは楽しかった!キューバ人はフレンドリーと聞いたけど、本当なんだなあ!なんて思いつつ。

 

そして、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのバーに連れて行ってあげるよ!」と言われて、断る理由もなかったからついてくことに。

 

 

そのバーには有名人との写真や、サインなども飾ってあり、バーテンダーのおじさんも優しくて、いい感じ!

 

 キューバ人が飲むというモヒートネグロをオーダーしてくれた!おいしかった!

 

そうしたら「今日はシガーのスペシャルデイだからシガーが安いんだよ!友達がシガーファクトリーで働いてるから今呼んであげるね!」と言われ、電話しはじめた(悪い予感)

 

のちのち察するけど、
まじで!こっちの人は!全員!
「シガー!for your family and friends!」
しか言わんから(笑)

 

"No cigar, no cuba"な国なので私に選択権はないらしい。

 

ちょっとしたらその友達とやらのおっちゃんが来て、すぐにシガーとコーヒーを机に広げ始め、これ全部で50CUCだって言ってきた。

そんな初日に吸いもしないシガーに5000円も払うほどばかじゃない!って思って、ごめんねとお断り。でもコーヒーは断りきれず、2パックで15CUCで買わされた、、、なんで断れなかったんだろう、、、もう、、、、、は〜〜〜〜(鬱)

 

おっちゃんが帰ったらそのお姉さんに

"Thank you for drinking with me. "

と言われ、なんか私が払ってた(笑)ねえなんで!!

 

ちょっとそのあとも一悶着あったんだけど、あんまり書き残したくないから飛ばします。

 

精神的にけっこうショックで。なんだろう、裏切られたと言ったら大げさだし、相手は悪気がないんだろうし、でも、もっとイェーイアミーガって感じになるかと思いきやこんな結末だし、NOと言えなかった自分にも嫌になった。

 

 

とぼとぼとホステル帰って。


キューバに旅行したことある人みんな絶賛して、my favorite country!って言ってるもんだから、期待値が高かった分、なんか、ね。初日にあまりいい印象は残らなかったなあ。

 

ってちょっとショボンとしてたら、同じ部屋に日本人男子2人が来た!

旅先で日本人に会うのがあまり得意ではないんだけど(プラス基本あまりお化粧してないしおしゃれしてないから、あまり見られたくない)このときは別!!いろんなことがたくさん起こった1日プラス1週間だったから日本語で話したかった!!!だから会えて嬉しかった!!!

しかもキューバに来るなんて面白い人だろうと思ってたら、そのとおりで!いろいろ話せてよかったです♡


という精神的に疲れた日だったけど、次の日から巻き返します!

メキシコキューバ一人旅その6〜カンクン散策!〜

 

本当はイサマルの翌日にカンペチェという世界遺産の町、その翌日にチチェンイツァというピラミッド

 

 

にツアーで行ってたんですが、特に私の口からマヤ文明や遺跡に関して解説する気はないので飛ばします。でもチチェンイツァはとっても行く価値のあるところ(観光客多いけど)なので興味ある方は調べてみてください!

ちなみにメリダ〜チチェンイツァ〜カンクンのツアー(英語のガイドとランチつき、当日の朝予約したけど受け付けてもらえた)でカンクンまで連れてってもらえたから楽ちんだった。

 

でもチチェンイツァ、とにかく暑くて!日陰ないし!かなり焼けて!けっこう疲れてたので、この日はゆっくり朝10時半とかから動き始めた。もうね、いっぱい寝てゆっくり支度する中日がないとヤッテイケナイ。

 

カンクンといえばきれいなビーチ!リゾート!

かつては私もハネムーン候補地にあげていた場所!まさか一人で来るとは(笑)

 

調べたとこによると、R1というバスに乗れば市内からホテルゾーン(ビーチ)に行けるという情報は手にしたものの、どこから乗れるかいくらなのかetcまったくわからず。

 

とりあえず大きな道路へ。

 

そうしたらR1とかかれたオンボロバス、いっぱい走ってた。3分に1本は見かけるんじゃないかってレベル。心配する必要なし!10ペソくらい。ボロいけど汚くはなかったかな。もちろん冷房はないけど、窓もないから風を感じて走るよ。

 

カンクンでしたいことは、きれいなビーチを見る以外特にノープランだったけど、ホテルゾーンにはショッピングモールもあるようだったので、ひとまずそこに行ってみることに。

 

というかさ!このバスの!正しい下車方法!なに!!

押すボタンもないし、毎バス停に停まるわけでもないし、なんとなく乗客が立ったのを運転手が察して最寄りのバス停?らしきとこでバス停まるシステムっぽくて。誰かが降りるときに便乗して降りようと思ったら、大事なとこで全然人降りなくて!結局自分で立って出口まで歩いていったら停めてくれた。結局ショッピングモールまで徒歩でけっこう戻るっていう(笑)

 

ハードロックのホテルがあるって初めて知った!アメリカにいくつかと世界のリゾート地にあるみたい。ここらへんのホテルは基本オールインクルーシブなので、甘やかされ放題のTHEリゾート。

 

で!Kukulucan Plazaというショッピングモールなんだけど!

きれいでしょ?

でもなんもないの(笑)

まじで、なんもないの、お店(笑)

 

全体的に暗いし、アイス食べたかったけど早かったのか(といっても12時だよ)お店やってなかったし、ていうかそもそもお店がないの(わかって!)

たまにサングラス屋さんとかお土産屋さんはあったけど、それくらいしか記憶にない。でも幸い2階にスーパーが入ってたからなんか探してみることに。

 

メキシコのスーパーはパンが充実していて!日本みたい!甘い菓子パンが圧倒的に多いけど、でも全体的においしそう。パン屋の人に袋にだけいれてもらって、お会計はスーパーの方で。

 

お昼。右のは伝統的なモレというソースが中に。具も入ってたはずだけど忘れちゃったくらいの存在感。モレの材料にはチョコレートも入っていてどんな味なんだろうと思っていたけど、カレーみたいだった。たしかにカレーの隠し味にもチョコ入れたりするもんね。おいしかった。

左のは見たまんま、桃の乗ってるデニッシュ。

 

 

そしてこのモールの裏手にPlaya Marlinというビーチがあります。

 

水の透明度!気持ちよかった!

 

 

人は全然いなかった。ここも十分きれいなんだけど、各ホテル専用のビーチだともっときれいに海藻が取り除かれていたりするのかな。一般の人が入れそうなビーチはここだけだった。

 

ビーチだから当たり前っちゃ当たり前なんだけど、日陰がない!ので写真撮って雰囲気だけ楽しんだら退散!パラソルでも借りてゆっくりできたら最高だけどね、一人旅でそこまでやる器はまだ私には備わっていない。

 

またさっきのモールに戻ってソファ座って休んで(冷房だけはめっちゃ効いてる)バスに乗って市内に。そっから迷子になりながらバスを乗り換えて(乗り換えなくても多分着いた)Plaza Las Americasという巨大ショッピングモールへ。

こっちはいっぱいお店入ってた(安心)

高級ブランドから普通の洋服屋さんまでいろいろ。フードコートもあったし、おいしそうなアイスクリーム屋さんもあったな。デパートも。

あんまり物欲ない気だったからほぼ素通り。こっちの洋服(特に安いやつ)は生地が気に入らないことが多くて、うーん。

 

そっから歩いてウォルマートへ。

相変わらずだだっぴろい。

 

ここでまたパン屋で翌朝用のパンを買います。「メキシコで何食べてた?」って聞かれても「パン」しか思い浮かばないくらいよく食べてた(笑)

あとはおみやげ用に小さなポーチ買って(量産タイプのだけどかわいかったし1つくらいいいかなって)カンクンTシャツも見てたけど、よく見るとシミついてたりそもそもサイズなかったりで断念。クオリティ低すぎ!

 

メキシコのお土産は客引きがすごいので(特にチチェンイツァ)それにも「もうけっこうです!」ってなっていたけど、通り道にあったから有名なMercado 28に行ってみた。

 

けど!!!

まじでうるさくて!!!

(ごめんねそれで生計立ててるのにね、でもちょっと疲れたわ)

 

What are you looking for? Boyfriend?

はもはや笑ったけど。Yesって言ったらどうなったかな。

 

 

帰りに小腹がすいたので、「タコス食べてない!」って思い出して、たまたま通りかかったお店に入ってみた。

 

メキシコVSコスタリカのワールドカップの予選やってたよ。

エビと魚のセビーチェ!

 

自分でソースかけて食べます。オレンジのはそんな辛くなかったかな。

隣にある白いペットボトルはオルチャータというジュース。甘い。

 

店員のお兄さんが、まさにこの顔みたいな良い人だった!特別何かしてくれるわけじゃなくても、笑顔が優しかったり、明るく対応してくれると嬉しいから、チップ多めに残したくなっちゃう。

 

そしてまだ明るかったけど、ホステルに帰りました。

泊まっていたのは女子部屋で6つベッドがあったんだけど、2日とも私1人(笑)オフシーズンに旅行する特権だね。プライベートルームでした、最高。20時くらいになるとエアコンつけにスタッフの人がノックもなしに入ってくるんだけどね(笑)

 

あとね、この日、帰ってわりとすぐに、部屋に上半身裸の男の人入ってきて(笑)

いや、ドアはたしかに開いていたけど、ノックをするのがマナーじゃないかい??メキシコだとしても!!しかも一応、というかれっきとした女子部屋!!

そのモロッコ人と少し話して、帰ってくれたからホッとしてたら、15分くらいしてまた入ってきて!!ノックもなしにアゲイン!!しかもさっきはハーフパンツだったのに、今度はタオル腰に巻いてるんだけどwww 下それはいてる??www

で、もう気持ち悪かったのでさっさと追い返した。サヨナラ〜

 

その後は、翌日からネットの(ほぼ)ないキューバ!ということで調べ物をいろいろして寝ました。なんとも地味なカンクン滞在。カンクンをはじめ、リゾートは誰かと来た方が楽しいね。バカーンス。

 

 

おまけ

メキシコのレモンは小さくて緑。