Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

私は変わりたいから変わる

 

このままじゃだめだ。

って思ったから、

急いでブログを開いてみた。

 

気持ちを整理するために。

 

仕事がどうとかじゃなくて

根本的に人間として。

 

自分に向かい合いたくないから

人の悪口言ってしまうんだし

人のせいにしてしまう。

きっとそう。

 

私がいいなって思う人って

好きがはっきりしてる人。

こだわりを持っていたり

何かに対して興味が強かったり。

別に難しいことを求めてるわけではなくて、

何か特定の食べ物がすごく好きで詳しいとか

そういうのでもいい。

 

どうしてそういう人に惹かれるかって、

きっと私にそういう面がないから。

 

最近の地味な悩みは

本屋に行っても何が読みたいかわからないこと。

当てもなく通勤時用に本を探しに

ブックオフに(本を定価でなかなかかえない貧乏性)

行くんだけど、でも最近

1時間くらいウロウロしても全然、何も買えない。

何も買わないで、出てくる。

 

自分が何に興味があるかわからないって

結構ショックだよ。

 

あとね、さっきね、

このままじゃだめだ何か始めようと思って

大人の習い事おすすめ一覧とか見てたけど、

何も自分のなかでヒットするものがなくて

こんなもんか、って思ったんだけど、

その一覧が悪いわけではなくて

自分の興味の幅が狭いだけかもって気づいて、

悲しくなった。

 

そんな悲しいとき、嫌なことや悔しいことがあると、

爪で、指の腹にぐっと

痕をつけてしまう癖ができた。

痕をつけるといっても

10秒もすれば消えてしまう。

もっと違う、

感情のコントロール方法を身につけたい。

 

 

という、22歳最後の更新。

4年ぶりに日本で迎える誕生日です。

とりあえず23歳最初の1ヶ月は

自分に少しお金をかけてみる。

整形とかじゃないよ(笑)

でも昨日ドラマを見ていて

垢抜けない自分にも自信のない主人公が

一念発起してブランド物のバッグを買って

このバッグに見合う女になるって言ってて、

たまにはそういうのもありかなって思って。

それ以外にも、中身磨きももちろんね。

 

このままの自分でいてもきっと

同じようなことに繰り返し。

 

これを書いてるときに

WANIMAのともにが流れてきて

涙が止まりませんでした。

彼らの笑顔のように

明るい人間になれるよう頑張ります。

 

っていう、ネクラみたいなシメね。

 

変わろう変わりたいって思ったときの人間って

想像以上に強いんだから、

それは1番知っている。

 

 

 

それではまた1ヶ月後くらいに。

 

転職したいな〜とか思ってる最近。主に愚痴。

 

社会人デビューから1ヶ月半。

 

新卒で言うと、

5月中旬くらいだよね。

ちょうど病む時期じゃない?違う?

 

自分のことを病んでいるとは言わないけど、

でも毎日悩んでるし、正直な話ね、

毎日つらいし、自分のことが毎日嫌いです。

 

朝起きた瞬間から昨日のミスが頭をよぎって

休憩中も仕事終わって裏入った瞬間も涙出るし

寝る直前まで仕事のこと考えてしまう。

2連休あっても、この休みが終わったら仕事だって

考えちゃう。休みが楽しいとかより

正直次のシフトに対する不安の方が大きい。

 

 

転職したいって思う。

お給料に対しての不満はないというか

自分の今の仕事のクオリティでそんな給料

上げろなんて言えたもんじゃないけど、

同じ給料でももっと自分が活躍できる

仕事はあるんじゃないかって思う。

 

今働いているホテルは

今まで縁もなかったような東京の都心で、

高層ビルの上で、

外資系ブランドで、

そういう肩書きだけ見ると最高。

そこのフロントだなんて

まさに自分が夢に思い描いてた職業。

 

”お客様の期待を超える体験を提供したい”

 

その気持ちは学生の頃も就活中も、

もちろん今も変わっていない。

 

でも、さすが高級ホテル。

お客様の期待値が違うし

お金持ち度も全然違う。

 

私の海外旅行なんて貧乏旅多いから

ホステルばっかだったし

現地のファストフードとか食べたいし、

でもうちのゲストは

ミシュラン大好きな人たちとか多い。

移動もほぼすべてタクシー。

 

勉強になることばかりだし、

それがゲストの求めているものだったら

楽しんできてねといった感じだけど、

 

メトロで迷子になったり、

寿司や天ぷら以外にも 

オムライスとかカレーも食べてほしいなって思う。

ガイドブックに載ってないことも、

インスタ映えしなかったとしても

エピソードとしては面白い日本を、

持って帰ってほしいなって思う。

 

だからホステルとかゲストハウスとかで

もっと外国人観光客といっぱい

ラフにコミュニケーション取ったり

もっと近い距離になれたら

楽しいよなーって考えてる。

 

旅行中の人との関わりって

やっぱり思い出にとても残るし。

 

私の今の職場も

少し変わっているから

ゲストとの距離は割と近い方なはずだし

コンシェルジュの役割も兼ねているから

話す機会もけっこうある。

 

でも、うちのゲストに

マックでてりやきバーガー食べた?とか聞けない。

 

ゲストハウスなら滞在者同士の関わりもあるし

イベントとかもあるし

規模も予算も外資ホテルに比べたら

段違いに小さいけど、

でも働くのが楽しければそれもありかな。

 

なーんて考えてた最近。

 

 

なーんて考えてたんだけどね、

今の仕事が嫌いなわけでもないし、

そりゃ毎日失敗はするし

いろいろやらかしてきたけど、

優しい人に囲まれてるし、

お客様だっていい人もたくさんいて

嬉しい言葉かけてもらったこともあるし、

頑張ろうと思うんだけど、

 

でもこんな理由を探して

転職したいとか

次のシフトに対して鬱になっているのは

 

1人とても苦手なアシスタントマネージャーがいてね。

 

すごい怖い。

本当に怖い。

 

幸か不幸かその人は私だけでなく

全員に対して厳しい口の聞き方だし

みんな「気にしなくていいよ」って言ってくれるけど、

でも仕事中怯えている自分がいるし

その人の前で失敗しちゃいけないって

思いすぎるがあまり失敗してしまう。

 

他のマネージャーから注意されたら

「すいません!そうですよね!

教えてくれてありがとうございます」って

指摘してくれて感謝の気持ちが大きいけど、

もうその人の前では

「すいません」ってただただ

謝ってる。もうその日の仕事終わったら

謝ってた記憶しかない。

 

しかも全然質問をできる雰囲気じゃないというか

イライラしてるとこに話しかけたくないし

こんな初歩的なこと(確認のためだったとしても)聞いたら

「なんで聞く考えればわかるだろ」みたいなこと言われるから

質問ためらっちゃってそれでミスして

余計に怒られたり。

 

 

「そんなんだったらずっと仕事楽しくないよ」

って言われた。

でも、その人がいないシフトが楽しいのは事実だし

もし部下が仕事楽しめてないのわかってるんだったら

助けてあげようとか、何かしらしてくれるのが

いい上司の役目なんじゃないかなって思うんだけど、

私間違えてるかしら。

別に何かを待ってるわけじゃないけど、

そういう職場環境を少しでも良くしようって気持ちが

1ミリも感じられないから希望を持てない。

 

 

「自分たちの仕事はお客様を喜ばせること」

そう言ってた。

そんなことわかってる。

私だって、まだまだ未熟だし

至らないところばかりかもしれないけど、でも。

というか、私は、

employee satisfactionとguest satisfactionは

強く関係があると信じているから、

まずは、その言葉遣い直したらどうかなって思う。

従業員みんな傷ついてきたこと、

モヤモヤしていること、知らないよね。

部下みんなに「聞き流しておけばいいよ」

って言われてるの、悲しいよね。

 

 

誰かが説明してることに関して

「言ってることが意味分からない」って冷たくよく言ってるけど

それは理解しようとしてないからでは?って思う。

 

もちろん私を含め、説明が上手ではない人も

いるかもしれないけど、

「それってこういうこと?」とか

「ここの部分もう一回教えて」とか

言い方次第で雰囲気は180度変わるはずだ。

 

 

定時を少し過ぎていた時

「なんかやってくれてるみたいだけど、

何やってるか全然わからないから早く帰れ」

といったことを言われた。

そのとき私は電話で受けたお客様からの依頼を

やっていて、目の前にお客様こそいなかったものの

いろんなとこに電話したり、れっきとした仕事をしていた。

なのにそんな言われ方したらムッとする。

もっと

「誰かに引き継いで上がろう」とか

「何やってるの?キリのいいとこで終われそう?」とか

もっと言い方あるよね。

 

しかもこの言い方はつい何日か前に

他の先輩社員に対してもしていて

(そんなんやってるんだったら帰れって)

その人もとても嫌な気分になってて。

それを横目で見てたから

そのときは出たよって思ったけど、

でもやっぱりありえない。

 

 

知らなかったことに対して

怒るのもやめてほしい。

 

この人はこの業界におそらく十何年だか、

そして人生的には私の倍くらい生きてるであろう。

もちろん、お客様から見たらね、

入って1ヶ月の新人だろうが

ベテランだろうが関係ないし

言い訳にすべきではないっていうのは

重々承知なんだけど、

でも自分が働き始めた時を思い出してほしい

って思う。

 

自分のときはもっと先輩が厳しくてとか始まったら

もうしょうがない、諦めだし、

私がもっと強くなるべき、

そんな泣いてばっかいるなってのも正論だけど、

でも、でもね。

 

そりゃ、新人には新人の大変さがあるのと同じく、

先輩には先輩の、

マネージャーにはマネージャーの、

それぞれのプレッシャーや大変さがあるってのはわかってるけど、

でも、でもね。。。

 

 

上のマネージャーやディレクターも今の状況は

わかっていて、一昨日の面談みたいなときも、

「あれはひどい。どうにかしようと頑張る。

チームにとても良くない。でも人の

パーソナリティの面もあるからすぐには直らないけど

でもそれまでは同僚と支え合ってね。

いつでも話聞くから。」って言ってくれて。

文面にすると(英語の訳なこともあるけど)

伝わりづらいけど、でもその言葉で少し

心が軽くなった。

 

 

先輩たちがした、いつもはできてるけど

今回だけのちょっとしたミスとかに対して

くどくど言っているのを聞くのもやだ。

頑張ってる人に対してそれ?みたいな。

だからこないだは私が、その人が散々注意して去った後に

「あと30分です、切り抜けましょう」って言った。

先輩に対してかける言葉かはわからないけど、

でも思わず手をその人のパソコンの横に置いて

そう言いたくなるくらい、雰囲気は良くなかったし

その小言のせいで疲れが増していた。

 

 

明日からの5連勤、

そのマネージャーとずっと一緒。

言葉遣いは誰に対してもこのひどさと言ったけど、

仕事のできなさに関してとか、

あと、あまり私その人のいる前で笑わないから

(お客様の前ではもちろん笑うよ)

絶対良く思われてないから、やだなあ。

いや別に嫌われてもいいんだけど、

お互い仕事に差し支えない程度にね、

いなきゃだめだよね。

は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

私が自分が嫌いで、

それににプラスして

仕事ができない自分が加わって、

もっと自己嫌悪が激しくなって。

 

最初だからってこんなみんなミスするもんかなって思うし、

自分が今までのバイトで割といい感じだったからこそ

こんなに私できない人間だったのかって思う。

 

 

「誰でも失敗する。未だに失敗全然するよ。」

って優しいマネージャーは言ってくれた。

むしろ私は覚えるのも早いし常識あるし

シフトにいると楽しいとも言ってくれた。

そう言ってもらえるのは本当に嬉しいけど

半信半疑になってしまう。

 

「私も初めて働いたときは

毎日のようにお母さんに電話して愚痴ってたし

こんなやばい失敗もしたし

すごく大変だった」って教えてくれた。

 

「人間の脳がある程度まで物事を一気に詰め込むと

リミットに達して、そっから下降気味になって

でもまた余裕ができて覚えられて、

またリミットに達したら、ってそういう繰り返しで

だから失敗しても気にすることはない。

同じ失敗を繰り返さないように努めて、

なんでもメモして、先輩と協力して頑張ろ」って。

 

ほんとそのマネージャーのありがたいお言葉にも、

先輩たちの優しい態度にも救われてる。

 

 

問題はその、例のマネージャーだけ。

 

どこの職場にも嫌な人は1人や2人絶対いるよねってなるし、

そんな1人のせいで辞めることにしたなんて

あほらしいと思うかもしれないけど、

でも心にとってはけっこう深刻。

 

強くなりますね。

 

来月には新しい人2人入ってくるらしくて、

早くも私も先輩になってしまうから

そうしたらもっと意識とか変わってくるだろうし

頑張るね。

 

 

 

仕事が原因で自殺をしてしまう人、

「そんなに辛かったら逃げればいいのに」

って思ってたけど、

今なら少しわかる気がする。

もう少しやってみたら良くなるかもしれないとか

今辞めたら世間体がとか考えてるのかなあ。

定期券半年分買っちゃったからそれまで働かなきゃとか

事故後に旗から見たらどうでもいいことも

いろいろ考えて、逃げられなかったのかなあ。

(私が自殺したいとかではないからご安心を) 

 

 

愚痴が言いたかったかわけではないけど

(って言ったら嘘になるか)

でもあくまでも反面教師として

自分が上の立場になったときの

初心忘るべからずができるように覚書。

 

 

そうそう、これは些細なことだけど、

その人関西弁でさ(だから余計怒ると怖く感じるんだけど)

この前「これ直しといて」って言われて。

「どこ直したらいいんだろう」って純粋に思って

その渡されたもの見てたら

「直しといて言うたやろ」って言われて

「あ!しまうのか!」ってひらめいた。

他の人だったら「あ!すいません!

自分があまりしまうこと直すって言わなくて!

覚えときます!(嫌味じゃない)」って

むしろその場で方言トークできるかもくらいに

言えたかもしれないけど、

その人にそんなん言われたんじゃあ

「あ!すいません」で後味悪かった。

お互い本来は悪くないはずなのに、

お互いがお互いのこと悪く思ってしまう、

「何してんの(言ってんの)」って感じで、

すごく嫌だったなあ。

 

 

まあ、そういうこと。

何ヶ月か後には、

そんなこともあったなあって

懐かしんでいたいですね。

 

 

多分ごはん行ったりしたら

仕事のことたくさん質問したりすると思うから

今後私とごはん行ってくれる人は

準備しておいてください。(笑)

 

 

以上。

コミカレ卒業生の就活!

 

アメリカに留学する前、最も不安に思っていたのが就職

日本の大学であれば新卒採用の波に乗っかれるけど、卒業の時期がまちまちなアメリカの大学を卒業したら、、?そしてユニバーシティはましてや、コミカレ卒業後の就活に関しての経験談や情報が全然なくて!

 

なので今回私がここ1ヶ月にした就活を記してみます。

ちなみにホスピタリティマネージメント専攻でホテル業界志望です。

 

 

1.  ホテルや業界に関するリサーチ

どんなホテルで、どんなポジションで働きたいか考えてた。そのときに、ほとんどのコンシェルジュのポジションはフロントデスク経験者であることが求められていることがわかったので、現実的に考えて、今回はフロントオフィスの正社員に絞って求人情報を見ていくことに決めました。

 

 

2. 就活の先輩である友達に話を聞く

就活に関しての知識がなんっもなかったので、「どんなこと面接で聞かれるのか」「面接ってどんな感じ?」などなど基本的なこと聞いてきた。経験者は頼りになる。お礼の板チョコおいしく食べてくれてたら嬉しい。

 

 出かけついでにこの本買った。

ホテル業界大研究

ホテル業界大研究

 

ネットで情報が手に入る世の中だけど、何かとなるものが欲しくて。

 

 

3. スーツを買う

もうめちゃくちゃ着たくなかった!!!

スーツ!!!いや!!!

でも買った!!!妥当にAOKIで!!!

 

ここでケチケチしてクオリティ低いの買うよりも、ちゃんとしたの買って大事に着た方がいいかなって思って、でもまあふっつうのリクルートスーツ

ただ、買ったものの興味がなさすぎて、紙袋から取り出さずに放置していたら、案の定シワついた。お母さんに怒られる。私の悪いとこ出てるわ〜〜〜(反省なし)

 

 

4. 証明写真を撮る

カメラのキタムラで撮ってもらった。プレミアム仕様(4枚)2000円くらい。

スーツ買って直接来たんだけど、疲れてて全部流されるままに。

オプションでWEBデータ加工やら、スマホ転送サービスがあったけど、家で写真スキャンしたら十分いい感じになりました。

 

 

5. 履歴書を買う

 これにした。

廣済堂 勝つ履歴書セット

廣済堂 勝つ履歴書セット

 

 もうなんかわかんないからさ!

100円多く出して「勝つ」なんて言葉かけてくれるならさ!いいじゃん!

クリアファイルや封筒もついていたから安心。

同時にペン(0.5mmと0.7mm)買ったよ。余談だけど、万年筆に興味がある今日この頃。

 

 

6.  履歴書を書く

めっちゃカロリー高いわこの作業!!!

すごい疲れるね!!!

 

そして自分の字の汚さ(統一感のなさ)に嫌悪感。

 

中途退学という字が載っている私の履歴書だけど、その経験も含めて自分だし、全然マイナスには捉えてない。面接官よ、なんでも聞いてくれ!!

 

1番困ったのは自己PR

もう私には長所もないし、経験もないし、なんもねえ!!!!!

って考え続けて、文章完成するまで3日かかった。

 

思いついたキーワードを入れたらいい感じの文章に仕立て上げてくれる人工知能出ないかな〜〜〜〜って思ってた。

 

書くこともなきゃまとまんないし、飽きてNetflix見始めちゃうし。

 

自己PRって学生時代に頑張ったことを経験として話すパターンが多いらしくて、でも私「なにやってた?!」って思い出せなくて。

 

何をしていた時間が多いかというと、多分圧倒的に課題なんだよね。でも課題を頑張ったことをアピールしていいものかと躊躇したんだけど、でも「ホテルが求める人材」とつながる部分があったので書いちゃった。あとバイトでどんなこと意識してたかとか。

 

具体性はないね!伝わってくれ!!!

 

趣味は旅行と料理とブログを書くこと。こんなブログだけど、私が恋愛できない理由とか書いてたけど、まあ気になるなら見てくれ!!!恥じることはないぞ!!!って感じ。

 

ていうか誤字つくるだけで萎えるのに、同じとこで間違える自分の愚かさな! 

知→短 とか 志→忘 とかあるある。

 

 

7.  面接の答えを考える

ノートの1ページに1枚ずつ質問を書いて、さらにそれを半分に割って日本語用と英語用に。

 

長所や短所ってパッと思い浮かばない。

長所が見えると「なんだ私できるじゃんいい感じじゃーん!」ってなるけど、短所が見えると「私いいとこなんて全然ない長所なんて言えるとこない」って落差半端ない。

 

性格を表す言葉一覧とか調べてどれに当てはまるかなーとか考えていたけど、それよりも自分の授業中のノートの走り書きとかバイト中のメモとか手帳見ていた方がより「自分」に近い言葉が思いつくことに気づいた。

 

写真を撮ってその日の思い出をそれをみて「あーこの日ここ行ったなー」とかで満足しがちな時代。ワンタッチで撮れる写真は便利だし、見栄えもいいし、ラク。いいねもらえるかもしれないし。

でも大切なのは「言葉」だと思った。

その日その時感じたことや考えていたことは、やっぱり「その日その時」の自分が1番知っているから。

 

だから、うん、これからもアナログでもデジタルでも、書き残すことを大切にしていこうと思いました。

 

 

8. 応募

ホテル専門の求人サイトと各ホテル(ホテルグループ)の求人ページから最も新しく更新されていて、信用性の高そうなところを選んでまず3社応募してみた。

 

メールで履歴書を送るところもあって、メールの書き方のお手本調べたら「ご査証のほど宜しくお願い申し上げます」とか言ってるけど、なーーんかなーーーってしっくり(こなきゃいけないけど)こなかったので、参考にしつつも、自分のなかでの精一杯の丁寧な文章を心がけて書きました。そして履歴書にパスワードつけて添付しなきゃいけないから、その辺も慣れてないから(というか私のパソコンがChromebookだからいろいろ違って面倒くさい)時間かかった〜。

 

自分の需要がどんなもんかノーアイデアなので、その後2社追加で応募してみた。

 

結果、3社に面接、1社にホテル内を案内していただける機会を設けていただいた。全部メールでのやり取りだったんだけど、ビジネスメールが初めてなもので、めっちゃ時間かかった!盲点。あ、さっきも言ったね。とにかく敬語も気をつけなければいけないけど、アメリカにいるとちゃんとした敬語を使う機会が全然ないから、もう全部不安で調べてた。

 

 

9. 面接

スーツ着たくないよ〜〜〜〜〜〜

から朝が始まる(購入から2週間経っても変わらず)

 

でも袖を通してしまえば、昔ずっと着てた時期とかもあるから、思い出して慣れるんだけどね。スーツのいいところはどこでも行けるとこ。あとやっぱり、気が引き締まる

 

映画「何者」で見たような

「コンコン失礼します」(面接官3人が疲れた表情)

みたいなのではなくて、もっとラフに行われた。

だから

「自己PRをしてください」とか

「あなたの長所と短所は何ですか」

みたいなあるある質問はなかった。


「尊敬する人って両親じゃマイナスなのかなぁ。シェリル・サンドバーグとか答えた方がいいのかなぁ。」ってけっこう悩んでたけど、そんなこと聞かれなかった〜〜〜。

 

こんなこと言いたいとは考えていたけど、その半分も言えなかった。けど、初めてにしては、リラックスしてできたのかな〜。御社という言葉は口馴染みがなさすぎて最後まで言えなかった。すいません。

 

極論言うと

「この人と一緒に働きたい」

と思った人を採用するわけで。

だから「こうしなきゃいけない」よりも

「自分が一緒に働きたい人の像」を心に入れてた。

 

また、けっこう厳しいことを言われた面接もあり。

なんかな〜。同じことを友人に言われたらめっちゃ反撃するんだけど、そうもいかなくて、帰りにずっと気になってたラムレーズンのアイスクリーム食べた。レーズンの粒が大きくておいしかった。

 

英語での面接もあったけど、けっこうmake senseしないこと言ってたわ。あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

この一週間で、東京タワーが身近になった。

 

 

10. 内定

を頂きました。

あーだめだっただろうなーと思っていたところから!

あの面接の私のどこが良かったのか全っ然!わからないんだけど、就職経験談読んでると同じようなエピソードも割とあったなと思い出した。あんな訳わからない自分の印象から始めるのは不安ではあるけど、頑張るしかないね。

 

社員用スペースがGoogleを思い出させるような素敵さなので、楽しみです。

 

ここに意気込み書いても誰も興味ないと思うから書かないけど、いろんな人が優しかった。嬉しい言葉もかけていただいて、嬉しかった。

 

他にも声をかけていただいていたり、魅力的なホテルはあって、最後の最後まで迷って、何を優先としたらいいかもうわっかんない!ってなってたけど、よく考えて決断しました。

 

 

あと1週間後には働き始めているらしい。

どうしようね。

ここ1ヶ月半自堕落な生活を送ってきたので、頑張ります。

 

最近はHuluでずっと見たかったラストコップまとめて見てた。あと久しぶりにNのために見て夜中に号泣してた。あと、京都行きたいねーって抹茶パフェ特集見ながらお母さんとどれが1番食べたいか議論してた、そんな生活。

 

 

長くなりましたが、もしコミカレ卒業して日本での就活に不安を抱いている人がいたら、伝えます。自分の専攻が希望の職種と繋がっていて、アメリカで何を学んだかしっかりアピールできて、将来のビジョンをちゃんと持っていれば大丈夫!だと思う。うん。

 

私もこれから頑張る!今はそれしか言えないけど!

 

もし心配してくれていた方がいたら、ありがとうございました!

 

 

おわり。

Don't take advantage of love!

 

Don't take advantage of love. 

好きでいてもらっていることに甘えないこと。

 

Loveって言うと恋愛関係を思い浮かべがちだけど、

それだけじゃない。

 

家族愛も、友情も。

 

最近、甘えすぎだなって実感した。

特に親。

 

私が一人暮らしをしたい理由は、実家にいると親に甘えすぎてしまうから。料理も洗濯も掃除も、何もかも任せっぱなし。最低ですね。

 

「私やるよ」って言えて、いや、口に出せなかったとしても、やればいいんですけどね、なぜかできない。完全に甘え。あと変な恥ずかしさ。ちなみに私、人の目を見て話せないという直さなければならない部分があるのですが、親の目すら見れません。気まずい。ごめんね。

 

今調べたら正視恐怖症って言うんだね。いつからってずっと前から。「目合わせるの苦手でしょ」とか言われて、からかわれて覗き込まれたりするの本当に嫌です。ますます意識して見れなくなります。接客では割り切るから見れるけど、友達同士とかもほんとは苦手です。だから、じっと目を見て話を聞いている人とかいると、いいなあその能力欲しいなあって思います。ちなみに聞いているときよりも、話しているときの方が、どこを見ていいかわかりません。

 

anyway

日本に帰ってきて20日?だか経ちました。

前回冬休みに帰国した際は、帰国した翌日に元バイト先に連絡して(事前に話はしてもらっていた)帰国後3日後には働いてました。とにかく早く働きたくて!稼ぎたくて!

 

でも最近は、なんだろうね。就活しなきゃいけないのに、10月には働き始めていたいと計画していたのに、今日やっとスーツ買いに行って、証明写真撮ってきた。ずっと先延ばししてた。なぜならスーツが着たくなかったから。買った今でも非常に着たくない。

 

3万あったら、ハーゲンダッツ100個食べられるし、ランチ30回は行けるし、ライブだって3回は行けるし、沖縄旅行行けるし、、、って考えまくった。

いや、3万捨てたわけではないんですよ、この素敵なスーツに変わりました。が。が。が。全然楽しくなーい!以前塾講してたときに毎日のように着てたから新鮮味ないし。

 

背低いのもこういうときとても嫌。全然かっこよく見えない。プロフェッショナルとして戦ううえで、背低いと下に見られそうな気がして、とっても嫌。

 

スーツはAOKIのお姉さんに全部決めてもらった。投げやり。お店の滞在時間、試着含めて10分くらいだったわ。はい、おっけーって。

 

そのあとカメラのキタムラに行って、証明写真撮ってもらった。ここでもおじさんに言われるままに、プレミアムだの背景だの。何枚か撮ってもらったけど何がいいんだかわからないから、自分の顔すらおじさんに決めてもらった。

 

やる気がないわけではない、ある。こだわりは、ないかも。

 

というか、その前にTULLY'Sでずっと面接のこと考えたり、本読んでたりして頭使いすぎた。胃も痛かった。だから思考力がなかった。買い物するのに最も向いていないモメント。

 

おいしかった。パンプキンティースワークル。

 

あ、でもオペラのリップ買った。流行りのやつ。乗ってやった。違いはまだわからない。

 

20時前に帰宅したら家に誰もいなかった。

でも私の部屋のドアノブにアメリカンドッグがぶら下がっていた。

お母さんが仕事からお昼に帰ってきていたらしい。

と、とりあえず雨戸を閉めていたらお母さんが帰ってきた。

 

家にいるであろう私にアメリカンドッグを買ってきてくれたこと。帰ってきたらいなかったこと。

 

ちなみに昨日はお母さんと朝しか会っていない。体調が悪くかったのと機嫌が悪かったので、部屋に引きこもっていたから。様子を見に来たお母さんは「せっかくお仕事頑張って帰ってきたのに」と言っていた。私はそれでも布団から出なかった。

 

誰だよ、おまえ。

 

はーあ、まったく、親不孝者。

 

両親共に、私が家にいることを喜んでくれる。ずっといなかったからね。だから早く働けとか、あーしろこーしろとか何も言わない。引きこもっててもなんも言わない。

 

少し話ずれるけど、この20日間のうち、半分は引きこもってたわ。怠けてた日もあるけど、風邪ひいてたときもあるけど、それだけじゃなくて。なんか怖くて。すごい比べちゃうし、周りがどうなのか気にしちゃう。あれ、こういうの卒業したはずなんだけどな。

 

だからZOZOTOWNでどういう服が流行ってるのか見たり、インスタで#今日のコーデで検索してみたり。雑誌読むために満喫行こうかとまで思ったわ。

 

容姿だけじゃなくて、日本が全体的に怖かった。なんだろう。日本で生まれ育って、去年だってまるまる2ヶ月夏は日本で過ごしてるし、でもなんだろう。今回は全然違ったんだよね、気持ちが。もうアメリカに帰ることはないから、本格的にいろいろ考えなきゃいけないし、言い訳はできないし。そして自分に自信がないので、まあすべての原因はそこだよね。

 

そう、それでね、昨日とか「本買い集めて引きこもっていたい」って思ってて。このままだと本当に引きこもってしまいそうなので、今日は外に出た。そして今から履歴書を書く。

 

優しい友達は、「もう少しゆっくりしてもいいんじゃない」的なことを言ってくれた。優しすぎる。私は友達にも甘やかされている。特に高校からの友達の前だと、デレデレしてしまう。みんなが頼りになるから。何もしない人間になる。こないだも覚えたての35億をぶち込んでひとりでゲラゲラ笑った。いい迷惑だ。それでも許してくれる友達が優しすぎるし、私は甘えすぎている。他の友だちには、なかなか連絡を返さなかったり、延々と話してしまったり、やっぱり甘えてしまっている。

 

本当にこんな私と友達でいてくれてありがとうだ。

 

 

今、セブンイレブンの、宇治抹茶ティラミスわらびなるものを食べている。なかに抹茶ソースとクリームチーズが入っているやつ。お母さんが昨日買ってきてくれたけど私が引きこもり決めていたから食べなかったやつ。

 

できるだけ早く就職先を見つけようと思う。面接頑張ろうと思う。そして、今まで心配とお金ばかりかけた娘を脱出しようと思う。

 

 

親にも、友達にも、ちゃんと一人前って認められたいから。やることちゃんとやらねば。上を目指さねば。

 

次ブログを書くときは、コミカレ出身の就活記☆なんて感じがいい。成功体験談ね、うん。

 

 

っていう自分への戒め更新。

 

 

p.s. でも、オイルサーデンって呼ぶのはやめてね、ママ。

 

海外旅行(バックパッカー)に持っていくべきものリスト!

 

今回旅行に行くにあたって、何を持っていくべきかいろいろ調べました。久しぶりの海外旅行、なにかと不安で!帰国して、何が欲しかったか、また持って行って正解だったか考えてみた!ということで、

 

留学に持っていくべきものリストに続き、海外旅行(バックパッカー)に持っていくべきものリストも作ってみました!

備忘録も兼ねて、、、I hope it helps some of you when you travel abroad, especially where you have no idea how much the country is developed!

 

マストなものたち

  • パスポート
  • ビザ
  • 海外保険のコピー

ここらへんはスキャンして、google driveかなんかに入れておくべき!国によって必要とされているものは違うので、頑張って最新の情報を手に入れてください。ちなみにメキシコは何もいらなかったけど(帰国時に入国するときに書いたカードみたいなのは必要だからmake sure to keep it with you until you leave the country!)キューバはツーリストカードなるものと保険はきちんと事前に用意しておくことが求められてました。

  • お金

空港で両替すればいいや!よくわかんないし!って思っていた何週間か前の自分に喝を入れたい、、、あとになって比べて「あのときレート悪かったんだ、、、」とかけっこうへこむ。予定なんて変わってしまうものだけど、でもどれくらい使うか、ちゃんと調べて冷静に考える時間を事前の設けることをおすすめします。キューバで米ドル替えると10%も罰金とられちゃうって前日のカンクンにいるときに知って、替える予定だったドルを慌ててメキシコペソにしたけど、それが良い判断だったのかはもうあまり考えたくない。

  • クレジットカード

ちなみに今回私お財布持ってこなかった。小さいカードケースみたいなのだけ。お金は小分けにして。

  • カメラ

今回ミラーレス一眼は持っていったけど、あの子調子悪いからずっとiPhoneで撮ってた。画質がいいことも大事だけど、画角とか、タイミングにこだわることでいい写真が撮れるっていろんな人見て学んだので!そして撮った写真はgoogle photoやらクラウドにすぐ保存しておこう!友達は乗馬体験してるときに土砂降りに降られて、データ全部飛んだぞ!携帯盗まれたってカナダ人にも会ったぞ!

  • ラップトップやらタブレットやら携帯やら

今回荷物削減のため、ラップトップ持ってくのやめようかなって思ったけど、持ってきてよかった、やっぱり1番便利だわ。でもタブレットほしいなあって思う。

  • 充電器関連

外で写真撮ったりGPS使ってると消耗早かったりするから、携帯充電器はあると良い!そして停電のときも(そうそうないけど今回のハバナの教訓)ライトが必要となるからいる!

 


衣類
早く乾くものは便利!メキシコかな?で女性の露出多いのは誘ってるのと一緒だみたいなこと聞いた気がするけど、普通にショーパンとタンクトップでも浮きませんでした。てかやってけないぜ、、、あつすぎて、、、、でも宗教色の強い国ではマナーを守った格好をしよう。あとパーカーはあって本当に良かった!空港や機内やバスの中寒いし、枕にもなるし、今回の旅の勤労賞をあげたい。

  •  Tシャツとスウェット

パジャマ用に。最初は夜も暑いだろうし、普段着ているワンピース型の薄っぺらいやつにしようかなと思ったけど、虫対策ということでスウェットを選択。空港で長い待ち時間のときに履き替えてラクできたから良かった。特に空港泊したときは夜寒かったので、助かった!

  • 帽子orサングラス

メキシコのメリダではサングラスかけてる人全然いなくて。帽子は現地で買おうと思ったけど、結局買わなかったな。でも日よけ対策は大切!

  • 靴・サンダル

ビーサン的なのは絶対あった方がいい!

  • タオル

今回泊まるホステルたちは基本的にタオルが用意されてたので持ってかなかったけど、最初のホステルが貸出タオル切れてて、すぐにシャワーに入れなかったのが嫌だった!だから向こうで捨ててもいいようなスポーツタオルでも持ってくといいかも。あと汗かくのでハンドタオルもマスト。

 

 

洗面台周り・身だしなみ関係など

  • 洗濯洗剤
  • 洗濯できる袋

少し厚めのビニール袋やエコバッグなど、そこに洗剤と水入れてジャパジャパ洗える袋があると便利!

  • 日焼け止め

今回持ってきたものが虫除け入りの日焼け止めで期待して行ったんだけど、伸びもよくないし、あまり良くなかった、、、結果めっちゃ焼けた、、、だから肩とかにも塗りやすいスプレータイプやハイクオリティの日焼け止めがあったら良かったな。

  • アフターサンジェル

って言うんだっけ?ここまで考えてなかったから、日焼け跡ヒリヒリで痛くて、、、肩焼けちゃってバックパック背負うのも辛かった、、、ラッキーなことに日焼けして何日後かに(too late though!)一緒のホステルだった台湾人にキューカンバージェルを譲ってもらえた!ありがとう!

  • 洗い流さないトリートメント的なやつ

今回お湯が出るシャワーはなかったなあ。それプラス多分日焼けのせいで、髪パッサパサ!!コンディショナーはあほのように使う私だけど、それじゃあなんともなんなかったので、次回はヘアオイルのような髪をもっといたわるものを持っていこうと思います。

  • 化粧水

たまたま家で使ってたのがジェルタイプの化粧水だったから、それを使用済みのコンタクトレンズケースに入れて持っていきました。良かった!

  • シャンプーやらボディソープやら

コンディショナーは持っていったプラスメキシコで200mlの買って、キューバ行く前に100mlボトルに詰め替えた!メキシコはアメリカブランドも安かった!洗顔は薬が入ってた小さなケースに入れて行ったら十分な量だった!

  • 爪切りと耳かき

飛行機乗った後って無性に耳かきしたくなるのって私だけ?

  • 虫除けとかゆみ止め

かゆみ止め(ウナでもオロナインでも)を刺された直後に塗ることの大切さね!置型の虫除け(夜用)や虫除け効果のあるアロマも挑戦してみればよかったな。

  • ファブリーズ

携帯用のファブリーズって売ってるのかな。パーカーとかズボンとか、なかなか洗濯できないものにシュッシュッってしたいなってすごい思った。

  • ジップロック

今回ポーチとかは持ってかず、基本全部ジップロックにわけてた。予備のジップロックも2〜3枚持っていくと何かと役立つ!

でも

f:id:girasol223:20170928222509j:plain

https://shop-list.com/women/shoppinggo/6XR001BAG/

こういう壁掛けできる収納バッグも便利だと思う!次回持っていきたい!

  • ボディーシート

だっけ?汗拭くやつ。メキシコもキューバも蒸し暑すぎて全然リフレッシュされた気にならないけど(笑)

  • 歯ブラシと歯磨き粉

今回はすべて機内持ち込みだったから関係ないけど、いつも手荷物の方に入れてる。我こそはって飛行機着陸後降りてく人いるけど、どうせスーツケース出て来るの待つんだし、って思って飛行機降りたらまずトイレ行って歯磨いて顔ちょっと作って「あー日本のトイレはきれいだなー」ってしみじみします、という私のルーティーンはどうでもいいんだけど、歯ブラシ置きが欲しかった。

f:id:girasol223:20170924101843j:plain

http://www.francfranc.com/shop/g/g1105080033104/

これは陶器だから旅行向けではないけど、形的にはこういうやつ!みんなで使う洗面所に歯ブラシを置いておくことはできないから、ちょっとしたところに立てて乾かしておけるように。歯ブラシ濡れたままにするとばい菌繁殖しちゃうらしい!

  • 常備薬

歯が痛くなるのを恐れて何にでも効くadvilを持ってきた。一般的な薬やマスクを念のために持っていると、現地で会った日本人を助けられるチャンスも!喉のケアって思ってるより大事かも。空気汚かったりするしね。

  • コンタクトレンズと洗浄液 

ワンデーが理想だけどね。ちなみにお泊りに持っていくの忘れそうになるもの1位はメガネ(私調べ)

 

 

その他日用品

  • お手拭き

抗菌のやつね。今回40枚入りのボトルタイプのを買ってって(そんないらないけど)その日使うだろう分だけジップロックに入れて持ち歩いてた。

  • ポケットティッシュ

念のため多めに。

  • ハンガー

よく洗濯バサミとロープって書いてあるけど、どっちも持ってなかったから針金ハンガー2本持ってった。洗濯をためなければどうにかなった!

  • 折り畳み傘

使ったけど実際邪魔だから、レインコートやマウンテンパーカーも良いオプションかも。実際ハリケーン見たら、あんな風のなか傘なんてとてもじゃないけどさせないぜ。

  • ノートとペン

メモサイズのノートはいつもかばんに入れていたら、町で出会った人におすすめのお店の名前書いてもらったり、ささっと走り書きしたり、何かと使えました。あと手帳サイズのノートはジャーナル用に。ペンは油性マジックもあったら、持ち物に名前書いたり使える場面があるかも。本持ってこうかと思ったけど、ジャーナル書いてたらそれでけっこう時間潰れました。

  • セロハンテープかガムテープ

テープ類は洗剤の口を止めたり、お土産を包んで巻いたり、意外と必要となってくる場面も。フロントに聞けばある可能性もあるけどね。

  • S字フック

トイレにかばんかけたり、ハンガー代わりになったり、1こ表のポケットに入れとくのもいいかも。

  • 南京錠

ホステルなどでロッカーに鍵をかける用!今回1ヶ所、私の持っていた南京錠が太すぎてロッカーの穴に入らないことがあったので、細い方がいいかも!

  • ガイドブック

移動中に読んだり。ネットでももちろん調べられるけど、情報が多すぎるときもあるから、そういうときに最終的に頼りにするのはガイドブックだったな。タクシー運転手に場所示すときも見せやすいし。歴史とかもさらっと頭に入れておこう。ちなみに今回一人旅ということで、地球の歩き方特派員だと自分のことを思い込みながら行動してた(笑)

 

 

「 持ち物:やる気」に続くもの

  • 事前に調べること

現地に行かなきゃわからないことや天気のせいで予定が変わったこともあったけど、事前に行きたいところ食べたいものは調べておくべき。じゃないと、前日に急いで調べることになって、ゆっくりその日の思い出に浸れなかったり、疲れちゃってそれどころじゃないこともあるかも。

  • 数字を聞き取る能力

値段を口頭だけで言われること多数!これがわかるだけでも全然違う!特訓だ!

  • 断る術

「高すぎる」よりも「ちょっと予算オーバーだな」とか「今日まだ1日目だからもうちょっと見てまわりたい」とか賢くいろんな断り方したかった。値段だけじゃなくて、ただ単に気に入らないけど断りづらいシチュエーションもあると思うので、「また戻ってくるね(戻らないけど)」ってさらっと言いたかったけど、言えなかったのは勉強不足。マーケットのおばちゃんとかは英語わからない場合が多いから現地の言葉でね!あと、買い物だけじゃなく、ナンパ等のお誘いをうまーく交わす方法も考えておこう!

  • 髪を切ること

預けない限り、液体類は持ち込める量は決まっているから(今回私のジップロックパンパン)シャンプーもコンディショナーも少なくて済むならそれに越したことはない。あとは、シャワーが思うように体全体にかからないことも多くあったから、女子のムダ毛処理も出発前に出来る限りやっていった方がいい(笑)

 

 


今回30リットルのパタゴニアのバックパックを使用しました。

これだけの物を入れたらけっこうパンパンだったけど、洋服もうまくローテーションできたし、ミニマリストいいなあって思っているところもあるからあまりお土産を多く買う目的もなく、ちょうど良かったかなって思う。かなり重いけど(笑)

 

といった具合です!旅行中に出会った人はほとんど私なんかより海外旅行経験豊富な方々ばっかりだったので、そういった人に聞くのが1番かもしれないけれど、でも少しでもこのリストも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

Thanks! 

 

 

おまけ

荷物に余裕があれば欲しかったハンモック。かわいい!

 

 

メキシコキューバ一人旅その10〜キューバで食べたもの〜

 

キューバで何食べたの?って聞かれても、正直たいしたもの食べてないんですよね(笑)プラスハリケーンの影響でレストラン閉まるから貴重な食事の機会逃したし!でも基本おいしかったです。

 

以下、キューバの食事はこんな感じでした!

 

〜外食〜

 

1日一緒に行動させてもらった友達のおすすめのイタリアン!

 

そのときは店名なんて知らなかったけど、Venamiというレストラン。Google mapには載ってなかったけどmaps meにはあって、trip advisorでも4.5の評価☆

これで4CUCくらい(1CUC=1ドル)

プラス

マンゴージュース1.5CUC でとってもリーズナブル。

ここに限らずキューバはめっっっっっちゃくちゃフルーツジュース(特にマンゴー)がおいしいからぜひとも!!飲んでいただきたい。まじでジュースが1番おいしいって言うその場にいた3人の意見の一致(笑)

 

おいしかった〜!かなりボリューミー!

 

普段旅行に行ったら、同じお店には入らないタイプの人間なんだけど、↑のわずか2日後にまた訪れるっていう。

ほんとは別のとこに行く予定だったけど、ハリケーン上陸直前で店がどんどん閉まり始めていて!ここはドアもない開放的(だから構えず入りやすいのはありがたかった)なとこなのに元気に営業してたから入ることに。

 

ラビオリ!5CUC!

パルメザンチーズは別途ついていて、THEラビオリでおいしかった!友達のピザももらったけどそっちもチーズいっぱいでクリスピーで(ちゃんと釜で焼いてる!)1枚ペロッと食べられちゃいそうなおいしさだった!

 

ここの店員さんのお兄さんとお姉さんが美男美女なんだよ〜〜〜お姉さんは2回目に来たとき私のこと覚えててくれたらしくてちょっと笑われちゃったよ〜〜〜 "I should say... Arigato?"って最後言ってくれてかわいかった〜〜〜!

 

Lonely Planetによるとキューバのレストランでのチップはhighly appreciatedとだけ書いてあってアメリカのように何%とか決まってるわけではないみたいだけど、でもここの店員さんたちよく働いていたし、お通しみたいなもの(薄いピザ生地にオリーブオイルやペストつけて食べる)も出してくれたしで、おつりは残しました。これで仕事後のビールでも飲んでね!

 

 

ロブスター!!

1番栄えているオビスポ通り(どこかのブログでハバナの竹下通りという表現を見たけど、それぴったり)にあるEuropaという観光客向けのレストラン。

高級そうに見えるけど、よくメニュー見てみるとお手頃な値段。このロブスターは高い方で、9.5CUCだったかな。でも日本で1000円でロブスターなんて食べれない(そもそもロブスター食べる機会なんてない!)のでキューバにいるうちに!と。

影に炒めた野菜とじゃがいもがあって、ロブスターもプリプリしてておいしかった。感動的ってわけではないけど(笑)でもまあロブスターを食べるという項目をチェックできたからいいかな。

 

 

これはLonely Planetに載っていたLa Casa de la Parra/Hanoiってお店。Creole料理が大好きなので行きたい!と思い。17時くらいだったからめっちゃ空いてたけど、席もたくさんあるし、カジュアルっぽいけど、ちゃんとナプキン折ってあったりするし、まあハエ多かったけど、おじさん店員もやさしかったです。

これはねー、魚。いくらだったかなー、4CUCとかそんなもんだった気がする。

外にメニューがあるから相場を見れていいよね。

魚柔らかいし味付けもおいしかった!でも気づけばお米を2週間近く食べてなかったから(旅行前からお米が切れててしばらく食べてなかった)こんなパサパサなお米でも「おいしい〜〜〜!」ってなりました。

 

 

〜カサでの食事〜

コングリ!おいしかった!魚のフライとポテトと、あと別のプレートにアボカド(こっちのアボカド大きくて日本の2倍あるといっても過言ではない)とか野菜が乗ってて、あとマンゴージュース(やっぱり1番おいしい)

ホアキナさんの家でのディナーは、お昼くらいにオーダーすれば5CUCで作ってくれます。めっちゃおなかいっぱいになったし、コングリずっと食べてみたかったから良かった!

 

これもデザートで出してくれたんだけど、めっっっっっちゃくちゃ甘くて、何入れたらこんな甘くなるの?ってくらい甘くて、さすがの私も3口でギブアップでした。やばい。

 

 

これはCasa de Aniaという最初のホステルに泊まったときにオーダーした朝ごはん(3CUC)  朝ごはん5種類くらいあって、ワッフルにしてみた!ほんとは卵2つ。そしてここでもやっぱり1番おいしいマンゴージュース。

 

 

 

ホアキナさんのとこでは朝ごはんが含まれていて、こんなフルーツプレートと卵料理とパンとホットチョコレートなどなど微妙に毎日変わる。パパイヤとパイナップルとグアバとジャム固めたみたいなのと、やっぱり1番おいしいマンゴー。マンゴーだけ最後に残して味わって食べてたら「ひとりっこ?」と聞かれたくらいマンゴーは特別&格別。あとみなさん、グアバって種プッチプッチしてるの知ってました?よく考えたらジュース以外のグアバって初めて食べたわ。

最終日はサプライズと言ってお供え物サイズのお米と海苔(どうやって入手したんだろう、、、)を出してくれた!Muchas gracias♡

 

 

〜アイスクリーム〜

1日1アイスクリームが旅行の目標なんだけど、キューバではそれが容易に達成できるんじゃないかってくらい歩きながらアイスクリーム食べてる人がたくさんいた。

 

ここはめっちゃ観光客向けのHelad'oroというジェラート屋さん!

モヒート味とパイナップル味!ダブル(dos bolas) 3CUCだからキューバにしては高いけど、

雰囲気かわいいし、

変わり種もいろいろあるし、おすすめ!!

 

ほんとは、museo del chocolateという有名なチョコレート屋さんでチョコレートフローズン的なの飲もうと思ってたんだけど道に迷いまして、偶然ここにたどり着いた!ハバナはストリート名の表示がないところが多いから、方向音痴にとってはわかりづらかったし、このジェラート屋さんにたどり着けたのもこの1回きりだった、、、

 

 

変わってこちらは地元の人が食べるアイスクリーム!

食べた後ですいません。

 

歩いてたら、移動アイスクリーム車みたいなのが音楽鳴らしながら公園に停まって、それと同時に地元の人たちが並び始めたから便乗して並ぶことに。

味は1種類だけ、チョコレートで、1つ10CUP(24CUP=1CUC=1ドル)だから40円?50円?くらい?

 

味は普通においしかったんだけど、何がおもしろかったかっていうと、スプーンをもらえなかったんですね!で、周り見てみると、みんなフタをへし曲げてアイスすくってる!!!その他に方法がないので、真似させていただきました。最後の方すくえないから飲むしかないよね。あー楽しかった。

 

 

これはプラザカルロストレスというデパート?のようなとこ。ハリケーン後でまだ停電の家が多かったのか、ここで充電したりする人も多く、人で溢れかえっていた、、!

水を買うついでに買ったクッキー&クリームアイスクリーム(1CUC)可もなく不可もなくおいしかったです。こちらもフタでワイルドに食べました。

 

 

これはまだ停電しているときにお散歩帰りに買ったアイスクリーム(1CUC)

お兄ちゃんが「エラードー!エラードー!!」って頑張って呼び込んでたから買ったら、受け取った瞬間わかる。めっちゃ溶けてる。

停電で冷凍庫つかなくなっちゃったからそんなに頑張って売ってたのね〜!って納得。感化されてきたのか、「いや売るなよ」って考えはもはやなかった。

 

 

〜番外編〜

 

ナンバーワンインキューバって書いてあるけど、これしか水売ってないからね(笑)基本この1.5リットルサイズの水(1CUC〜2CUC)

 

 

最後に空港で買ったクッキー(1.40CUC)

アメリカの商品(会社)は参入してないから、ネスレを見かける機会が多かったなあ。でもコカ・コーラあったけどな。

 

という感じです。もっとCUP(キューバ人が使う貨幣)を使えば1食1ドル以下で食べれるし、屋台めし(チュロスとかもある!)も食べたかったし、友達にもらったフライドチキン(薄いビニール袋に入ってるw)も味付けおいしかったからそういうのももう少し見つけてみたかったな。

 

とにもかくにも、キューバに行った際は、

ぜひ!マンゴージュース飲んでね!!!!!

メキシコキューバ一人旅その9〜ハリケーン上陸〜

 

9/9

朝、ホステルをチェックアウト。ここ(casa de ania)は朝食も水も買った分だけチャージされて、後支払いだからラクだったし、ちゃんとプリントした明細?出してくれた!多分珍しいことだと思う(笑)

 

まだ次のホステルに向かうには早かったので(予約もなにもないから、そんなことはないんだけど)Lonely Planetにも地球の歩き方にも載っていたカフェ(があったので行ってみることに。どっちにもそこのハンバーガーとミルクシェーキがおいしいと書いてあったから期待大!

 

だけど、風が強すぎて(笑)
もう風に押されて歩いてる感じor飛ばされる。

 

特に海沿いのストリートがやばくて、誰も歩いてる人はいなかった(笑)

太陽はそこそこ出てるし、暑いんだけどね。

 

で、1時間近く歩いて(なるべく風を避けるために遠回りしてたと思う)それっぽいとこに着いたけど、まあ開いてないよね。

 

しゃーないって思って、帰り道に有名なアイスクリーム屋さん(コッペリア)があるから寄ってみたら、そこも閉まってる!残念!!

 

 

宿を移動するときバックパックが重すぎる&日焼けで肩が痛いから背負ってるのが辛かったため、タクシーを使っちゃおうと思ってウロウロ。

 

そしたらお兄さんに「タクシー?」と声をかけられ、いつもはいらないけどナイスタイミング!と思って「そうそう」って言ったら、「次の通りに行ったら拾えるよ」って教えてくれた(タクシー運転手ではなかったw)

 

結局、「ここだよ」って教えてくれて、タクシー停めるの手伝ってくれた!優しい!でもハリケーンの影響もあってなかなか停まってくれなくて。そしたら「ちょっと待ってて」って走ってどっか違うポイントまで行って声かけようとしてくれた!日本でそこまでやってくれる人なかなかいないよねとっても優しい!!

 

そうこうしてるうちにすでに2人乗せているタクシーが停まって、無事次のカサ(滞在先)に向かえることに。お兄さんスペシャルサンキュー!

 

で、建物の2階がカサなんだけど、外から「ホアキナー!」ってホストの名前を叫んで、ベランダから鍵を落としてもらって入るシステム。

だけど、叫べなくない?(笑)
ちょっとためらっていたら、それを見かねたタクシーのお兄ちゃんが代わりに叫んでくれた!

自分で払うお金を決めるから、ちょっと多く渡しすぎたかなって思ったけど、このへんまで含めて、まあいっかって思った。ポジティブに考えないとやってけん。

 

 

このホアキナの家は旧市街にあって、日本人に有名。行ったときもリビングに日本人が2人いて一緒にお昼ごはんのために外出。でもどんどん雨風強くなってきたので、このあとカサに帰るも、やることないからおしゃべりしたり昼寝したりダラダラ。この日は日本人8人、あと韓国人2人とスイス人の親子が滞在していた。

 

 

夕食のあとウノをしていたら、停電(笑)

 

寝るしかないから寝ました。ほんと真っ暗。

 

 

9/10

翌日になっても電気は回復せず。薄明かりのなかスマホの明かりでシャワー浴びた。幸いなことに水は止まってなかったけど、同じハバナでも水出ないとこ多かったみたい。すぐ近くのカサとかも水止まってたって言ってたから、ラッキーだったわ。

 

この日は何をするでもなく、ただただまったりデイ。朝ごはんは出るから、ろうそくの明かりのもとおいしいマンゴーとかったいパンを食べ、お昼まで寝た。っていうのも理由があって!お腹痛くて!


昨日の夕食のときに出された水がおいしくなくて、それくらいしか思い当たらないんだけど。でもまあなんとか乗り越えました。私よりも重症な人もいたから、私のなんて全然。でもここから2週間くらい食べると腸が痛くなる謎の症状に悩まされた(過敏性なんたらっぽかったけど、やっと最近治った)

 

 

この日はどんどん避難者がうちのカサに舞い込む日でした。

空港行ったけど空港自体が閉まってたとか、被害の大きかったトリニダーからやっと帰ってこれたとか(1日以上なんも食べてなかったみたい)大半が飛行機キャンセルになって行き場を失った人たち。この日はベッド全部使われていたかな。日本人も韓国人も増え、携帯すられた挙句フライト1週間先に延期になったかわいそうなカナダ人もやってきて。

 

みんなの懸念はただ1つ。飛行機が飛ぶのかどうか。

それぞれが「本当は○日にフライトの予定だったんだけど、さっきキャンセルのメール来て、でも振替まだ決まってなくて、でもさっきの人は○○エアラインで○日に取れたって言ってたから私も○日に取れたらいいんだけど、でも電話も通じなくて、どうしよう。○日までに帰らなきゃいけないから最低○日にはここを出なきゃいけない。」みたいな。

みんな別の日のフライトで、違う航空会社だから、違うストーリーがあって、今でも誰がどういう状況だったか覚えてるもん(笑)

 

私は12日のinterjetのカンクン行き。この日は10日。ハリケーン自体はハバナから去ったものの(晴れてはいる)電気も水も止まった空港は機能していないようで。

 

自分の状況を説明すると、

12日のフライトに乗れないと、カンクンーポートランドもポートランドー東京も乗れなくなる。そしてすべて別の航空会社だから保証や振替などはないから、どうにかして飛んでもらわないと困る!そしてこの時点ではキャンセルのメールなどなし。でもメキシコの格安航空会社、本当にメールは来るのか、どこまで信頼していいものか。しかも飛行機は飛べるってなっても、空港が閉まったままだったら意味ないし。

 

wifiが使えるホテルまで行って(人が溢れかえってる)確認するも、メールもないし、ウェブサイト行っても自分に関係するフライトの情報は更新されておらず。

 

お願いだ〜〜〜飛んでくれ〜〜〜〜〜!!!

 

ちなみにネットが必要になった人が増えたからか、ホテルのフロントもwifiカード売り切れ。wifiカード欲しいって言ったら、最初15分待ってくれって言われて、そのあと行ったらもう20分待ってくれ言われた。さすがキューバ。

 

カサにいる人たちみんな交互にwifi使いに行ったりするから、「なんかアップデートありました?!」って情報交換たくさんした。いや、みんな同じような状況だし、希望の光はなかったんだけど、少しでも多く知りたいし、みんな1日でも早くキューバを脱してほしいと思ってたから。

 

いや、キューバはいいとこなんだよ、好きだし。でもお店もレストランも開いてないし、電気もないし、ネットもないし、この時点でキューバに2週間近く滞在している人たちばかりだったので、みんな早く帰りたい気持ちが大きかった(笑)

 

なにかしらね、「空港が○日には開きます!」とかね、オフィシャルの情報があれば良かったんだけど、なんもないから(笑)もう祈るのみ。

 

こっちからは繋がらないから、日本の親や友達に電話してチケットを取り直してもらった子とか、もう諦めて別の経路で帰る人とか、みんなどうにかして帰る道を確保。でもそれらも100%飛ぶ保証はないから、不安は尽きない。

 

この日の夜も明かりのないまま、みんなで話したり。エアコンがなくて暑いから、とにかくベランダにいた風を感じれれば全然マシ。キューバ人がみんなベランダに座ってぼけーっとしてる理由すごいわかったわ。

 

ただこのカサ、とにかく立地が良くて、

目の前がカピトリオ(旧国会議事堂)だから「永田町に住んでるようなもんだね!」って言ったり、「暗いってことは、きっと星がきれいに見えるぞ〜!」って励ましあってた(曇ってたから星は1つも見えなかった)

 

そんな外が真っ暗ななか何か食べるものを!と出かけていった人たちいたけど、結局何も食べられなかったみたい。

 

 

9/11

interjetを使用する人が朝イチで空港へ。キャンセルのメールはたしか来てなかったんだよね、だからやたらと自信を持って(笑)出ていったようで。

 

でも、お昼前に帰ってきた(笑)

 

「○○さん帰ってこないってことは飛んだんじゃない?!」「よっしゃー!」って勝手に盛り上がってたとこに、ご帰宅だったから「え〜〜帰ってきたよ〜〜〜」「まじか〜〜〜」と失礼な対応。

 

結局この日も空港は開いておらず(いや、開いてはいるけど、カウンターに人はいないし、何の表示もない)そもそも飛行機も待機しておらず。

 

そのあとその人と、もう1人interjetを使う人と私で、少し離れたところにあるinterjetのオフィスへ。

 

木すごい倒れてた。

 

その一角にはデルタなど他の航空会社のオフィスもあったんだけど、どこも開いておらず。ちょうどそこがwifiが飛んでいたのでinterjetのウェブサイトに行ってみたら、今日の分までのハバナ発着便と、少し離れた日のマイアミ付近のフライトはハリケーンのためキャンセルとアップデートあり。・・・ってことは明日私の分飛ぶんじゃない?!とやっとここで一筋の光。

 

帰ってその情報をシェアするも、エアカナダは13日からしか予約できないとか(私のフライトは12日)う〜〜〜〜んわからんぞ〜〜〜〜〜〜。

 

あ、電気はこの日の朝、復旧しました。電気のある感動たるや。でもまだ電気ない地区もあって、改めてラッキーだった。部屋クーラーつけっぱなしにしてて、多分ここが今ハバナで1番快適って思ったわ。

 

最後にwifi使うために外出たら

太い木が倒れてたり

 

街灯も倒れていたり。

 

電気復旧したとはいえ、まだまだ暗い夜でした。(働く気もないしやることもないから、停電の間お酒の売れ行きがとても良かったらしい。ビバキューバ)

 

 

9/12 

11時のフライトのため8時にカサを出る。

朝焼けきれい。

 

とりあえず空港に行ってカウンターで話を聞きたい(それが1番確か)という人たち3人とタクシーをシェアして空港へ向かいました。

そのうち1人、韓国人の子は、昨日の夜の時点で12日のフライトが確定してたものの、マイアミ乗り換えだったため、朝になってキャンセルのお知らせ。シャンプーも何もかも使い切って帰る気満々だったため、テンションの落ちよう半端ない。そりゃそうだ。自動振替で14日になってしまったからそれをどうにか13日にできないか交渉しに行くみたい。

 

でね、タクシー降りても、飛行機は見えないし、人は少ないしで、さっそく泣きたくなる。空港入っても、電光掲示板なにも書いてない、、、??

 

とりあえず、interjetのカウンターに行ってみたら、、、

飛ぶ!!!!!

Cancun On Timeの表示!!!!!!!

歓喜!!!!!!!

こんなに搭乗券を手にして嬉しいことは今までなかった!!!!!!

 

ということで、あのカサにいた人のなかで1番にキューバを脱出することに成功しました。みんな、さらばだ!!!!

 

 

っていうか毎年ハリケーン来てるのに、これ毎年繰り返してるの?(確かな情報がないこの感じ)

と嫌味を言いたくなるとこですが!これもキューバ!ハリケーンを体験するという貴重な体験ができたし!行動できなかった分いろんなおもしろい人たちとお話できたし!全部ひっくるめて楽しかったです!

 

まあ予定通りに飛んだからこそ言えることかもしれないけど(笑)

 

 

うん、

もうハリケーンのシーズンには中南米には行きません!!!!

 

 

長くなりました。おわり。