読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

日本のメリーなクリスマス?

 

Merry Christmas!

 

おとといも昨日も、そして今日もこれから仕事です。

 

ティファニーの小さな水色の紙袋を持ってニコニコしている彼女とその横に並ぶ彼氏、なんて絵を何組も見た。良かったねみんな。みんなの幸せつくりのお手伝いができて私は嬉しいよ。もはやここまで来ると「突撃!隣のクリスマスプレゼント!」的な感じに何をもらったか帰っていくお客さんたちに突撃インタビューしたいくらいだ。

 

クリスマスに働いてることがさみしいとは一切思わない。だけどクリスマスのイルミネーションが町から消えていったりすることは寂しい。人々がクリスマスショッピングをしている1週間くらい前の町が1番好きだ。どこも激混みだけど。

 

 

「メリークリスマス」と"Merry Christmas"は全然違う気がする。

 

プレミアムフライデーという制度が来年から導入されるみたいだけど、それに対して「海外から入ってきた祝日や文化(クリスマスやハロウィンに加え最近ではブラックフライデーなんかも)が目立つ最近だから、日本発のものが定着していくのはいいこと」という意見を目にした。そのとおりである。

 

日本ではクリスマスはカップルの日みたいになっているけど、彼氏彼女に限らず、家族でも友達でも大切な人と過ごすことがクリスマスのそもそもの意義であるはずだし、たとえその日に会う約束がなかったとしても、大切な人とのつながりや、小さな幸せを感じられればそれでいいんじゃないかと思う。

 

こういった履き違えもそれはそれでユニークだし、それが日本のおもしろいところでもあるけれど、でもちょっと、wake up guys!って言いたくなっちゃう。

 

プレミアムフライデーがどのように良い影響を与えていくのか、経済も含め、家族の過ごし方とか気持ち的な面でも、どんな効果が出ていくのか、楽しみだね。

 

いい天気だ!今日も楽しくお仕事いってきます!