読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

将来が見えない!

Diary

 

人生の優先順位とは。

 

焦らなくてもいいと思った。焦らなくても、逃げていかない。でも、今じゃなきゃいけないものと、今じゃなくていいものって、どうやって見分ければいいんだろう。

 

前回日本に帰ってきた時は、ここぞとばかりに日本でしか食べられないものを食べた。でも、メロンパンも厚切りポテトも、きっと、いなくならないことに気づいた。長い人生まだまだ何百回も何千回もごはんを食べる機会はあるから、焦って食べなくてもいい。もしここで、新味のジャガビーを食べなかったとしても、死ぬときにたいして後悔はしないだろう。だから今回はあまり食い意地は張っていない。お母さんの手料理をその分たくさん食べている。結局食べてるじゃんっていうツッコミは受け付けない。

 

 

今日はバイト帰りにみなとみらいをぶらぶらした。かわいい洋服も雑貨も、たくさんあって、見ているだけで楽しくなると同時に、少し切なくなった。

 

ここで冬服を買ってもアメリカに持って帰れる量は限られているし、かわいいファーのついたポシェットもアメリカであんまり持つ機会がなさそうだし、何より来年の冬はどこにいるかわからないから冬服あまり増やしたくない。かわいいキッチン用品もたくさん見て、ほんっとうに欲しくなるものばかり。料理が少しでもおいしそうに見える食器って大事だし、お気に入りのマグカップでミルクティーを飲みながら雑誌なんかも読みたい。すっかりごはん食べながらyoutube見るってのが(良くない)癖になっちゃったけど、そんな憧れだってある。休日の朝にはパンケーキとか焼いて、きれいにフルーツと盛りつけて食べたい。話はずれたけど、いつ、そういう食器とか、買えるのかなって思う。ずっと使う食器やキッチン用品を、買うときは、いつなんだろう。いつか誰かと、食器を選んだりするときは来るのかな。しばらくの間はここに住むっていうのがないから、今は何も買えない。2人用の食器を買ってみたものの、いつも使用するのは1人分だけっていうのもちょっと悲しいだろう。

 

人生予期しないことだらけで、それが楽しさでもある。それはとても同意だし、なにより予測できないことで溢れているなんて自分自身の人生を振り返ればよくわかる。

 

でも、自分が将来したいこと、こんな風にいたいなあっていうのが多くて、何が両立できて、何が諦めなきゃいけなくて、というのがわからなくて、ただただ漠然としていて、世のオトナたちは21歳のときにどんな将来を描いていたのか知りたい。

 

仕事第一にバリバリ働きたい。

年に1回は海外旅行に行きたい。

子供のためにかわいいお弁当を毎朝作りたい。

お気に入りのバッグと洋服を身につけてお出かけしたい。

きれいなネイルやお化粧がしたい。

かわいいキッチン用品を揃えたい。

いろんな料理を作りたい。

 

もっと、もっとある。

 

どんな人生もきっと頑張っていれば楽しくなると思う。いろんな出会いがあるといい。何歳になっても成長できるといい。

 

でも、欲張りなもんで、1度しかない人生だから、できるだけ自分の希望を叶えたいと思ってしまう。結婚するとかしないとか、仕事を続けるとか辞めるとか、今考えてもしょうがないことを考えて、不安になって、別に安定が欲しいわけではないと思っているけど、でもあまりにも、将来が見えてなくて、いや、複雑な意味でいろんな可能性が見えていて、わからなくなる。

 

ああ!もう!わからない!

 

私はどんな人生が送りたいのだろう。

 

 

 

せめて、3年後や5年後、10年後の自分から、一言メッセージがもらえたらなあ。