読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

春学期に向けて

 

good hair dayのときに限って雨が降る。

 

 

10日ほどあったspring breakも今日が最終日。

今の気分としては、まだまだnetflixでfriendsを見続けたい気もあるし、夜ご飯ちゃんと作って食べていたい気もあるけれど、でも暇があると余計なことを考えてしまうので、授業が始まってまた忙しくしたいです。I think I'm ready.

 

 

2泊3日でシアトルに行ってきました。

人生で初めてアメリカに来たときに1回、

去年の冬に友達と1回、

そして今回。

 

初めて行く場所も多くて、

やっぱりPike Place Marketはわくわくして

おいしいものたくさん食べれて

ハプニングもあったし

あほさ故に申し訳ないシーンもあったけれど

でも楽しかったし行ってよかった!

 

ユニクロ行って

紀伊国屋行って

ダイソー行って

ラーメン2回食べたって報告したら

日本に帰ってたの?って言われたけど(笑)

 

Thats how we need Japan!

 

また行きたいしもっと知りたい

まだまだ見てないものあるはず!

観光としてではないシアトルも今後は

楽しめるくらいになりたいなあ。

 

 

 

 

同い年の子の多くの就活が

日本で始まりました。

 

SNSで見る限りだけど

みんな東京ビッグサイトに行っていたり

なにやら書類を書いていたり

第一次だ二次だと言っていたり

スーツだ私服だと言っていたり

 

とても忙しそうな日々を送っているんだろうなっていうのがわかります。

精神的にも肉体的にも大変だろうなっていうのも。

 

そんな周りの姿を直接ではないけれど

感じながら1カ月が過ぎようとしています。

 

さて、私は。

 

私は日本の大学に1年通って、辞めて、アメリカに来ました。

 

アメリカの大学に通うという決断を

しようとするなかであった懸念の1つが

就活でした。

 

普通に日本の大学に通っていれば、

みんなと同じタイミングでスーツに身を包み

説明会に行き、先輩に話を聞き、

厳しいながらもどこかしらで内定をもらって

みんなと同じタイミングで卒業。

 

なはずだった。

 

みんなと一緒。

無駄がない。

回り道じゃない。

 

ただでさえよくわからない現代の就活事情を

さらに自分で状況を難しくして

みんなと違う方面からのアプローチ。

正社員として働く道・場所を見つけることに

自信がなかった。

どうなるのかcluelessだった。

 

ましてやコミカレを卒業して得るのはassociate's degree。

4年制大学とは違います。

 

当時いろいろ調べても

yahoo知恵袋で書いてある回答は

甘くないものばかり。

どうやって親に説明しよう。

 

最終的に正直就職に関しては

よくわからないまま渡米。

ただひとつ明確なのは

東京オリンピックまでに正社員として働くことでした。

 

本当に正直な話

今もよくわかっていません。

 

でもあのころに比べて

不安かって言われたら、

不安ではあるけれど、きっと大丈夫。

そう答えます今なら。

根拠はないのだけれど。

 

今できることは今を頑張ること。

授業や課題に全力で取り組んで結果を出すこと。

心配することよりもその方が大事、きっと。

 

そして経験を積むこと。

もちろん経済的にはこれ以上親に迷惑をかけたくないし

はやく自分で稼ぎ始めたいけれど

世界のどこでも可能性としてはありだから

インターンなどで働きたい。

言葉もスキルも磨かなければ。

1か所とは限らず機会がある限り

せっかく日本の大学システムを飛び出して来た身として

いろんなことを経験して

自分を作りあげていきたいなと思います。

 

情報収集。

時間は限りある。

この夏になにかまず始められるように、

バイトや日本を楽しむだけで終わらないようにしなければ。

 

 

 

春学期の目標はいろいろある。

もちろん成績に関しては最優先で取り組む。

 

でも、ここで書くことかわからないけれど、

友達を大切にする。

というのを常に心に入れて生活する毎日に

したいなと思っています。

 

というのも

自分を第三者目線から見たときに

こんなやつと友達になんかならないだろうなと思ったからです。

 

気分屋で、自分のことばかりで

人見知りで、かわいくなくて

 

だから今私と友達でいてくれている人に

感謝しかなくて、

それを心で思っているだけじゃなくて

行動に表せるように意識して

生きていかなきゃなって。

 

そんなことを午前中ずっと

考えていました。

 

いらいらしないこと。

人のいいところを見つけること。

人見知りを言い訳にしないこと。

 

変えよう。

 

 

 

数多くの決断をしてきて

その結果としての今がある。

その1つ1つの決断を無駄にしないためにも

今、頑張ろう。

 

 

 

 

できる。

 

See you then.