読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

久々のどん底 (プレゼン編)

 

せっかく立ち直って超ハッピーモードだったのに、どうやって書こうか脳内でまとめていたらぶり返してしまった。

 

さっき昼寝して快適だったのに。

他愛もない話してて楽しかったのに。

 

昨日から取り組んでいたプレゼンとペーパー、無事に家出る20分くらい前に終わりました。

パンとか焼いて余裕ぶっこいてたふりして、がちで間に合わないんじゃないかとけっこう機嫌は悪かった。(笑)

 

 

まあ肝心のプレゼンなのですが、

 

 

ぜーんぜんうまくいかなかった。

 

パワポ自体はそこそこいい感じだったけど

 

しゃべりがどうしてもね。

 

一応原稿的なのつくったの。

 

それが裏目に出たのか。

 

でもなかったらもっとボロボロな可能性高いし。

 

重要なポイントだけ書き出しておくとか。

 

でもそれだけじゃ不安だった。

 

練習は何回かしたんだよ。

 

でも何回かじゃ全然たりなかった。

 

練習では許せるレベルだったんだけどなあ。

 

原稿持っててももちろん顔あげて話すようしたけど

 

とてもみんなの1人1人の目まで見れるほどではなくて。

 

しかもつまっちゃうし。

 

どこ読んでるんだかわかんなくなっちゃったし。

 

まず読んでるって時点で本当にだめ。

 

話さなきゃ。プレゼンしなきゃ。

 

みんなふっつーなまじめな顔して聞いていました。

 

楽しそうじゃなかった。

 

だってプレゼンター本人が楽しんでないんだもん。

 

楽しいわけない。

 

余裕がない。

 

ほかのアメリカンみたいに

 

I like this picture haha

 

とか無駄なこと挟む気すらまわらない。

 

終わったら拍手してくれた。

 

でも申し訳ないけどそして拍手はありがたいんだけど

 

全然嬉しくなかったし、

 

心に全然入ってこなかった。

 

終わってすぐ帰れたんだけど、

 

頭のなか整理するのでいっぱいで。

 

まず話していたことが全然

 

おもいだせない。

 

そしてプレゼンテーションとしては

 

ほんとぜんっぜんよくなかった。

 

オーディエンスに何が伝わったか

 

ぜんっぜんわからない。

 

気をつけていたことは

 

顔をあげることと

 

はっきり口を動かすことって

 

小学生でもできるわ。

 

プレゼンは多分1年ぶりくらいで久しぶりで

 

しかもパワポ使ってはぼオンリーアメリカンの前でやるの初めてで

 

でもそれは全然言い訳にならなくて。

 

いや、負けず嫌いなとこあるから言うけど

 

そんな沈黙があったりごまかしたりとか

 

あーどんまいってことがあったわけでは特別なくて

 

ただ高校のときから帰国生や上手な人の、

 

また今日直前にアメリカンのプレゼン見て

 

あーぜんぜん足元にも及んでないんじゃないかなって。

 

ああどうしたらいんだろう。

 

 

ってのをずっと考えていたわけです。

 

ここ最近で1番ダウンしてて、誰かに会いたいと思ったら

 

うちで髪を金髪に染めたいという人がやってきて

 

いい感じの茶色に染まって帰っていきました。

 

それ見てるの楽しくて

 

あー私もはやく髪思い切って明るく染めたい!!

 

っめっちゃ気持ちみなぎってきて

 

すっごい楽しかった。

 

全部忘れた。

 

でも忘れちゃいけないね。

 

次にプレゼンあるときは

 

史上最高作を出す!!

 

エッセイもそうだけど

 

プレゼンも1つの作品だよね。

 

次は原稿なんかおさらばして

 

がんばる。

 

めざせTED TALK

 

 

というわけで

髪染めるのわくわく♡

明日もまだまだテストだわくわく♡

 

 

bouillabausse

読める?

 

ブイヤベースだよ。

 

hors d' oeuvres

読める?

 

オードブルだよ。

 

読めないねえ書けないねえ。

 

明日までですどうにかします。

 

では