読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanna be an "American-Japanese"?

A bite of my life in Oregon. アメリカでの生活をゆるく;)

かえるばしょ

 

日本ではなじみないけれど、ただ仮装してパーティーするだけとしていまや広まってしまったハロウィンよりもずっとmeaningfulなイベントだなって思って、ライトできらびやかに飾られて日本だったらケンタッキーを食べるクリスマスよりも、好きな日かもしれないって感じることができた今年のThanksgivingでした。

 

もともとのThanksgivingの始まりはメイフラワー号とかそのくらいのまでさかのぼって、簡単に言うと食べ物の恵みや周りのいろんなことに感謝しようという日です。

 

日本では年末に、その1年どうだったか振り返ったりするけど、それって主に自分のことになりがちで、Thanksgivingほど周りに目を向ける機会ってなかなかないんじゃないかなって思います。だから特別いい。

 

その日1日ずーっとWhat am I thankful for?って考えていたし、ディナーを食べた人たちとそれぞれのthankfulnessについてシェアしたし、とても素敵な時間でした。

 

どんな行事やホリデーも今の時代commercializedされてイベントにかこつけて消費者にお金をいかに使わせるかとかそのためにいかにattractiveにするかとかそんなことが多くて、それこそこのthanksgivingだってHappy Turkey day!なんて言われて最初はfunnyって思ったけど、やっぱりAmericanもinternationalsもちゃんとthanksgivingの意味を知って、その意味をかみしめるべきだと思いました。Otherwise you dont deserve turkey and pumpkin pie!

 

What I am thankful forとしてその場でみんなの前で言ったのはmy parents。私のママとパパ大好きな話はそこそこ有名な話だからここでは割愛するけれど、but at the same time I was so thankful for the opportunity to be there having the wonderful feast and wonderful time with many wonderful international people. 

 

帰ってくる場所があるってすごくいいな幸せなことだなって思った!

Salemに帰ったときもYes I'm back!

Eugeneに帰ってきたときもYes I'm back!

Salemでは半年以上会えてなかった大好きな友達と一緒にいれて本当に親切な人たちにお世話になって、道も久しぶりだけどよくわかるしタイレストランのパッタイは相変わらずおいしくて。

Eugeneでは帰ってきたらさみしかったと言ってくれるかわいいルームメイトがいて見慣れた自分の部屋があって、町の看板にはダックスがいて。

 

どっちがいいとか大切とかじゃなくて、どっちもホーム。どっちも大好き。

そしてもちろん

日本に帰ったときもYes I'm back!

 

My host family told me last year "everything is gonna be Christmas right after Thanksgiving" and it was SO TRUE. Now there are tons of Christmas lights, trees, wreaths, and songs everywhere you see!  

町はとってもクリスマスになりました。もうすぐ12月だもんね。

 

残り1カ月、多くのことに感謝して、笑ってすごしましょう!

人生楽しいことばかりではないけれど、楽しいこともたくさんある!これ今日友達といて学んだこと!

 

Thanks a lot for reading! :)))